終活はする必要あるの?

2017.12.13

『エンディングノート』

「これって、何なの?」

さすがに、今は世間に認知されつつあります。

「書いたことありますか?」

の質問に対しては、

「いや、まだ死ぬなんて考えられないので」

と、私の友人や知り合いは話します。

たしかに、私の友人・知り合いは30代40代が多く、

ただいま独身を楽しんでいるか、子育てに奮闘している人が多く、

「死」というものは縁遠いのが実状です。

でもまた一方で、同世代に「ガン」という病魔と闘っている人がいるのも、また真実です。

私は今年40歳になりました。

私はこの仕事をしているので、両親には会うたびに、『終活』の必要性を訴え続けています。

私の両親は70代、私には来年100歳になる祖母もいます。

「万一」のとき、

本当に誰が側にいるかなんてわかりません。

先日は「連絡先一覧」を持って歩くように言い、誰かに連絡が取れるようにと伝えました。

「携帯」があっても、他人には見られないのが一般的です。

人間、どこで何が起こるかなんてわかりません。

以前から言い続けているので、しぶしぶではあるものの、身の回りの物の整理を少しづつやってくれています。

「これ、大切な物入れやし」

と見せてくれました。

そうなんです、一か所に大切なものをまとめておくだけでも、『終活』です。

年末に大掃除をされる方も多いでしょうし、両親に会われる方も多いと思います。

こんな機会だから『終活』、真面目に向き合ってみてください。

●終活セミナー●

http://dream-get.com/seminar/


PAGE
TOP