積み立て投資が増えています

2018.02.28

先日の2/25の日本経済新聞の朝刊の記事のタイトルです。

記事によると、NISAやiDecoの口座数が150万口座とありました。

さて、この増えている理由はと言えば「手軽さ」と言えます。

「投資」と言えば今までは、まとまったお金を投資する、というイメージがあり、

投資教育を受けていない日本人にとって、一部の裕福な人のものごと、だったのだと思います。

ところが、税制優遇もあり、少額から毎月コツコツ投資ができ、ドルコスト平均法の利点を大いに活用し、

投資が手軽に始められる、ということで「積み立て投信」が注目を集めています。

「積み立て」

日本人には馴染みがあります。

投資ではなく貯金と言う意味での「積み立て」はイメージしやすいですよね。

いまや低金利時代になり、預けておくだけではお金は貯まらない時代。

さらには政策として物価上昇が叫ばれている昨今、始めない理由はありません。

ただし!

注意も必要です。

●制度の違いを知っていますか?

●NISAとつみたてNISAの違いを知っていますか?

●iDecoに盲点があるって知っていますか?

そんなお話を京都駅近くの「キャンパスプラザ京都」で、

3月16日の金曜日の夜、セミナーを開催いたします。

登壇いただくのは、

多くのメディアにも出られ、著書も多く出版されている

経済コラムニストの「大江英樹」先生です。

まだお席に若干の余裕がありますので、みなさま、この機会を見逃されませんように!

聞かなきゃ損!です。

お問い合わせは、こくちーずで。

http://www.kokuchpro.com/event/faa223a4150294a2d26f2330df55873a/

お知り合いにもお声がけして、ぜひぜひこの機会に。


PAGE
TOP