保険と上手に付き合う

2018.11.25

あなたは保険に加入していますか。

今は年末調整の時期なので、保険を意識することが通常より多い時期だと思います。

あなたが加入している保険、今のあなたの実状に合っていますか。

よくあることですが、保険は社会人になると親の勧めや会社に来る保険会社の人の勧めで

入ることが多いと思います。

そのときは若くて難しくて内容の説明を受けたとしても、あまり意識することなく加入します。

そして、更新の時期がきたとしても、なんとなく同じ保険に加入し続ける流れとなります。

いまの時代、保険の見直しということが言われるようになったので、少しは意識する方も増え、

時々個別相談に来られる方がいます。

いわゆるセカンドオピニオンです。

●こんな保険を勧められたのですが、私に適した保険なのですか。

●保険料、下げられませんか。

●この保険の内容がよくわかっていないのですが、教えてください。

それでも平日忙しく働いていて、保険会社の人と会う時間もなく、

何個かの提案書を見せられ、ま、一番保険料の安いのでいいか、なんてことで契約をしてしまう。

でもしばらくしてよくよく契約内容を見てみると、保険料が毎月20,000円、10年後に更新時期があり、

その後は55,000円の保険料になり、さらに保険期間は商品の説明のところに「終身」という言葉が

入っていたから終身だと思っていたのに、75歳までしか保障してくれないものだった、

なんてことになります。

毎月20,000円☓12カ月☓10年間=240万円となり、

次の更新までに240万円の金額を支払うことになります。

そこで、保険の内容を精査して見直し、保険料が10,000円になると10年間で120万円、

手元にお金が残ることになります。

この保険料の残りの1万円を毎月3%の運用益の商品に投資したとします。

すると10年後、120万円の投資で、140万円近くに増えます。

これってお得じゃないですか。

保険はあくまで自分の不安を解消するために、必要最低限加入するものです。

それ以外は目的により貯蓄だったり投資だったりに振り分けることを考えていくべきです。

そうすることにより、老後資金の不安も少しは解消できることになります。

年末調整の時期でせっかく保険と向き合う時なのですから、

お金の使い道を目的別に「保険」「投資」「貯蓄」に振り分けること考えてみてください。

分け方が分からない方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

【お問い合わせ】

http://dream-get.com/contact.html


PAGE
TOP