タイトル背景

耳寄り情報耳寄り情報

銀行口座(普通預金口座)をいくつ持つのが普通ですか

2019.04.16

これは以前に来られた相談者様からの質問です。

では突然ですが、質問です。

あなたはいくつの銀行と取引をしていますか。

また、いくつ口座を持っていますか。

あなたは即答できますか。

銀行口座って知らないうちに増えることもあります。

たとえば、学生時代のアルバイト先で、アルバイト先を変えるたびに、

給料振込口座を作ってくださいと言われ、増えるということもあります。

これはアルバイト先に限らず、就職先でもあります。

また、結婚した相手に合わせて口座を作るということもあるでしょう。

あなたは管理できていますか、あなたの口座を。

管理できてなくて、困ることってありますか、と聞かれます。

今の現状ではないかもしれません。

(ただし、今、国は休眠口座の利用を考えています。)

ところが、ご自身に万一のことがあると、本当に困りごとが起きることもあります。

ご自身も管理できていなかった銀行口座を、遺された家族が把握している訳はありません。

そのため、思わぬ金額が口座に残っていて、相続財産から漏れる可能性もあり、

税額が発生する方にとっては、脱税といった疑いをかけられる可能性も否定できません。

長くなりましたが、タイトルの質問ですが、その方の諸々の状況もふまえた上で

全員に共通はしないですが、次の通り、回答しました。

「3つです」

1個は「給料振込と自動引き落としのものの管理」、

1個は「お子様関連のもの(まとめておくと、お子様への金銭教育にも使えますよ!)」、

1個は「個人用若しくはへそくり用(あくまでも貯金箱なので貯蓄用ではないです)」です。

いかがですか?

あなたも銀行口座の見直しをしてみては。

銀行口座に限らず、証券口座も見直しの対象です。

見直し方法のわからない方は、いつでもお尋ねください。


PAGE
TOP