耳寄り情報をご紹介

2019.03.18

「夢活」始めませんか

【夢活】

夢を叶える活動

●夢なんてありません

●いい年になって夢なんてありませんよ、恥ずかしい

そうでしょうか?

●おいしいもの食べたいな

●△△温泉に行きたいな

●海外旅行行きたいな

●家族で大きな家に住みたいな

●起業したいな

●世界一の○○になるぞ

など

夢は小さなものから大きなものまであります。

どの夢を叶えるにも時間とお金がかかります。

そのスケジュール管理できていますか。

そのお金の準備できていますか。

時間の管理とお金の管理を一緒にできる「夢活」ノートを一緒に作って、

一緒に「夢活」始めませんか。

2019.03.05

自分の思い描く人生を自分らしく生きていくための活動

本当の意味での終活、始めませんか?

投資を始めたいとおっしゃる相談者さんに、

「なぜ投資をしたいのですか?」と尋ねると、

当たり前ですが、「お金を増やしたい。」という回答をいただきます。

「では、何の目的のためのお金を増やしたいですか?」と聞くと、

「・・・。」となり、「将来が不安だから・・・。」といった回答になります。

『将来が不安』

おそらく、世の中のほとんどの方が、同じ悩みを持っています。

「将来が不安=死ぬまでお金が足りるのか。」ということですよね?

では、将来の人生設計はできていますか?

将来にこんな暮らしがしたい、こんな働き方をしたい、こんなことをやってみたい、

余生はこんな所で生活して、最終的な終の棲家はここかな、なんて考えたことありますか?

普通、人は日々の生活に追われ、このようなことを考える余裕はありません。

しかし、考えることをしないと、不安を除くことはできず、さらなる不安が募ってきます。

先ほど書いた将来の人生設計を考え、それを実際の数字に落とし込み、

今から改善できることを改善し、人生の最期まで、自分が描いた自分の人生を

自分らしく歩んでいく、これが最高の人生だと思いませんか?

私が考える終活は、「自分の思い描く人生を自分らしく生きていくための活動」です。

それなので年齢なんて関係ありません。

みなさんも、本当の意味の終活、始めませんか?

2019.02.26

お金の区別をしていますか

お金を区別していますか?

お金は同じで見分けはつきませんが、用途により区分けしておくことをお勧めします。

それは色々な場面において考えられます。

【サラリーマン家計】

●生活費

●数年後に生活として必要なお金(教育費や住居費等)

●しばらく使わないお金

【個人事業主家計】

●生活費

●数年後に生活として必要なお金

●事業に必要なお金

●数年後に事業として必要なお金

●しばらく生活にも事業にも使わないお金

【相続まじかの家計】

●生活費

●数年後に生活として必要なお金

●相続税を納めるお金

●相続税対策をするためのお金

●遺される家族に残すお金

など

それぞれの立場によりお金の区別をしておかないと、いざという時に混乱しています。

相続でよくある事例は、不動産(土地建物等)が多く現預金が少ないと、

相続税の税金は多く発生するけれど、支払うお金がない、なんてこともあります。

事前に対策ができていれば、このような事態になることは、少なくなります。

これは相続の事例ですが、もちろん家計でも同じです。

サラリーマンも個人事業主も。

いま、投資を推奨する金融機関が多いです。

そしてその推奨を受け、投資をしようと投資を始めるときに、お金の区別をしないで始めると、

結論的に必要なお金がなく、長期に運用も出来ず途中解約となり、結果的に損をした、

という事例もあります。

大切なお金がそのような事態にならないためにも、何をするにもお金の区別をしてから始めて下さい。

わからない方は、一緒に考えていきましょう。

2019.02.17

報・連・相のおひたし

先日、Twitterを見ていて面白い記事を見ました。

【ほうれん草のおひたし】

仕事仲間や部下から報告・連絡・相談を受けたときの対応・・・それが「おひたし」。

ほう→報告

れん→連絡

そう→相談

お→怒らない(しつけのための怒るは問題なし)

ひ→否定しない

た→助ける

し→支援する

どうですか?

「おひたし」できていますか?

まずは、報告・連絡・相談の内容が的確に相手に伝わっているか、そこが大切です。

報告・連絡・相談をする側は、端的に内容を伝えて、相手の時間を取らないようにしないといけません。

本人の自己満足でまとめても、相手には伝わりません。

言葉で伝えにくいことは、文字や図で伝えることも大切です。

相手の目に飛び込み、読み返すことも出来ます。

状況に応じて、言葉と文字や図を使い分けることが必要となります。

一方、受ける側の「おひたし」ですが、これは今の時代だからこそ、なのでしょうか。

サラリーマン時代、受ける側である上司から「おひたし」を受けた記憶はありません(笑)

今後は「おひたし」を意識して、報・連・相を受けるようにしないといけません。

【報・連・相のおひたし】

これこそ、人づきあいを円滑に進める大切なものなのかもしれません。

※お断り

Twitterで拝見したので、本当は転載の許可が必要だったかもしれませんが、

すでにその記事を見つけられない状況でして、もし、その方がこの記事を読まれた場合、

ご了承ください。

2019.02.14

投資で介護費用を確保する

老後資金を貯めないと!

最近は、様々なメディアによる報道で、老後不安はこの上なく加速しております。

何より相談の多くは、老後資金をいかに貯めるか、です。

貯める・・・無理です。

昔は銀行等に預けておくだけで増えていました。

それは時代(経済)の恩恵です。

いま、恩恵はありません。

老後資金の生活費は何とかなるにしても、介護費用は未知です。

介護の恐いところは、いつまで、という期間が決まりません。

さらには、介護の程度が進めば、負担も増えます。

その資金を投資で準備するのは恐いですか?

投資が恐いのは、昔の私もそうでした。

なぜなら、知識もない上に誰に相談して良いかもわからず、金融機関の言いなりに。

そして、投資資金の半分を失うという、悲しい結末。

こんなことがあったら投資は恐い、と思います。

その後に、ファイナンシャルプランナーの勉強をしていく中で、私の悲しい結末の原因もわかりました。

このような悲しい結末をして欲しくないので、正しい投資を勧めています。

正しい投資で介護費用を何も気にせず、準備しておく。

そして、お金のことを気にせず、自分の人生を謳歌する。

最高じゃないですか?

気になる方は、こちらをご覧ください。

http://dream-get.com/kinchu/


PAGE
TOP