耳寄り情報をご紹介

2017.10.20

投資はする必要があるの?

●NISA

●iDeco(個人型確定拠出年金)

●つみたてNISA

●企業型確定拠出年金

これら、1度は見たことのある言葉ですよね?

意味わかりますか?

世の中にはテレビや新聞で見聞きする言葉で、ぼんやり理解で意味の分かりづらい言葉ってありますよね?

実は最初に書いた言葉、これらすべて投資の制度の話で税制優遇があるんです。

つまり国が定めた制度で、税金を安くしてあげるから自分で投資して、お金を貯めなさい、

と国が言っているんです。

なぜって?

みなさんもご存知の通り、国のお金は借金まみれで大変なんです。

(ちょっと誤解の生じる表現が続くかもしれないので、そこはご了承ください)

これから少子高齢化による人口減少、ということで国にお金が集まる可能性がどんどん低くなるわけで、

自分の将来(老後)のことは自分で何とかしてね、と言っているんです。

なんとかしてね、と言われましても・・・。

正直そうです。

欧米では投資教育というものが存在し、中学生にもなると投資をしている子どもがいるとか。

日本では考えられません。

しかし!

そう思っていたのは私が知らなかっただけなんです。

実は、今年の春だったと思うのですが、投資の勉強会のようなものに参加した時に、

そこにいたのは中学生ではないですが、大学生でした。

話を聞くと、やはり親もしっかり投資をやっていて、親から投資の必要性を学んでいるとのこと。

「やはり教育か・・」

銀行等に預けるのはほんの一部で、あとはすべて投資!

生活に必要なお金は少ないので、全額投資できる強み!

ちょっとのアルバイト資金を運用し、知らず知らずのうちに勝手に増えていくお金!

そして、将来、若いころから始めた運用が、将来に花を咲かせる!

理想的です。

投資に必要なのは、よく言われますが、

『長期分散投資』です。

●長期・・・いかに長い期間、運用し続けるか

●分散・・・株式・債券・国内・国外を何のために運用するのか、という目的に応じて商品を購入

「そんなんわからん!」

「でも誰に聞いたらいいの?」

「証券会社に言ったら知識ないから言われるがままになりそうで怖い」

私も証券会社って今までで1回だけ行ったことがあります。

ものすごく高級感があって場違いであることを感じたことを今でも覚えています。

それなので、気さくな相談場所を作ったんです。

気軽に会えて、気軽に話せて、気づけば問題解決、ということを体験していただける場所を。

世間の風潮から老後のお金のことが心配だし、何か対策をしないといけないことはわかっているけど、

何からどうしたら良いのか悩んでいる皆さん、まずは会うことから始めませんか?

具体的に悩みがある人もぼんやり不安の人も、気軽に連絡してください。

子どもが小さいからとか、両親の介護をしているからとかで、自宅から出られない人も、

呼んでいただければ伺います。

なんか個室で会うのが恐い、と言う方は、お近くのカフェ等でもご相談受けています。

なんなりと!

一生お金に振り回されない生活を送るために、投資という選択、いかがですか?

2017.10.19

お金に振り回されず夢の実現に振り回される人生を

私は投資のセミナーをするとき、開口一番に3つの質問をします。

「お金、好きですか?」

「お金持ちになりたいですか?」

「お金、稼いでますか?」

すると・・・

お国柄なんでしょうね、「ハイ!」と元気に答える方はほとんどおられません。

日本では「謙遜の美徳」というものがあります。

それなので「ガツガツ進んでいく」は美ではありません。

自分を下げることで、周りに不快な思いをさせないという風潮です。

投資セミナーに来るということは、

投資に興味がある→つまりはお金を稼ぎたい、んです。

人間は、いつか働けなくなります。

それが何歳かは人によりますが。

それまでに、自分の代わりに働いてお金を稼いでくれる人を探さないといけません。

人を探すのは大変ですよね?

だって、その働いた本人はボランティアなんですから・・・自分がお金をもらうので。

そんなボランティア精神の人はかなり少ないでしょう。

文句も言わず自分だけのためにコツコツ働きお金を持ってきてくれるんです。

それなので人の代わりに・・・「お金」に働いてもらいましょう!

それが投資です。

投資は恐いもの・・・これもお国柄でしょうか、刷り込まれている人は多いです。

たしかに何も知らずに始めると恐いです。

私も失敗した一人なので、そんな私が投資を勧めていること、

失敗した当時の私が見たら、驚くでしょうし怒るでしょうね!

「自分と同じ失敗をする人を増やしたいのか!」って。

違います!

今は逆です。

「自分と同じ失敗をする人を減らしたいために、投資を勧めています。」

このままいくと、将来、必ずとは言えませんが、多くの方がお金を増やせない、と感じるからです。

今までの生活がなんとかなってるから気にしないですが、将来はどうなるかわかりません。

対策を立てるなら1日も早く行動を起こすことが大切です。

そろそろ2017年も終わりが見えてきましたね。

2018年のスタートダッシュのために、始めてみませんか、投資を!

当社のモットーは、その人が笑って生涯を過ごして欲しい!ということです。

お金に振り回されるのではなく、自分のやりたい事の実現に振り回されてください!

2017.10.16

投資はしたいけど勉強はしたくない

40歳代のおひとりさまの相談です。

現状、投資信託で投資はされています。

で、投資をされている金融機関から、

「来年から積立NISAが始まります!受付スタート!」という案内が届きました。

相談者:なんかこんな案内が届きました

私:現状NISAをされていましたよね?

相談者:それも初期に始めたので5年縛りですよね?

    それなのでこんな案内が来てどうしたら良いのか・・・

    内容全く分からないし、

    かといって自分で勉強するのは現状の自分がしたい事の優先順位が違うし・・・

詳細は個人情報もありますので書けませんが、いま、このような方が増えています。

なにせ日本では投資と言うものの勉強をしたことがない方が多いうえに、

昔から投資ではなく預貯金というのが当たり前だった日本社会において、

投資に対して知識はありません。

それなのに政府はあの手この手で投資をして自分の将来は自分でお金を貯めなさい、

ということを「優遇税制」を使って行っています。

しっかり読み込まないと本当に優遇なの?ということがあります。

NISAと積立NISA・・・

同じ優遇税制をうたっていますが、中身は違います。

自分が得するの損するの?

一番気になります。

だいたい優遇税制と言うのは、

個人個人で状況が違い、詳細に計算したりしないと得するのか損するのかはわかりません。

広告されているのは、いわゆる「一般論や原則」で「例外」があることをお忘れなく。

2017.10.12

お金の健康診断

10月も半ば。

今日から数日のぐずついた天気の後、本格的な秋が到来するとか。

ますます気忙しくなります。

今日は、年に1回の健康診断を受けてきました。

年を重ねるごとに、健康診断がどことなく不安で。

何か悪いこと言われるのかな・・・と。

結論として、

ほとんどの結果も聞けて「健康」というお墨付きをいただきました。

で、反対に、この年で健康と言うお墨付きをいただくと・・・

働いてないというお墨付きのようで、ちょっと複雑です。

でもやはり、年に1回の健康診断は大切だと思います。

そこで!!

「お金の健康診断」しませんか?

【プライベート】

ずばり家計です。

家計の健康診断、受けてみませんか?

年内に診断を受けて来年からは健康的な家計を目指しませんか?

不安を抱えていると健康とは言えません。

【ビジネス】

ずばり経営診断、受けてみませんか?

経営者さんと話をすると、自身の経営状態について、

よくわからないけど税理士さんが「こんなもんでしょ」って言われるから、OKだと思っている。

数字が読めればいいんだけど、よくわからないし、興味もないし・・・。

私はこの話を聞いて心の中で「おいおい」って突っ込んでます。

自身の経営状態を全てを把握する必要はないと思います。

それこそ、そこは税理士さんに頼んでるんですから。

ただ、経営は「スピード勝負」というところも否めません。

いま「勝負の時」って瞬間がありますよね?

そんな時にこの資金を投入して良いのかどうかを瞬時に判断しないといけない!

ご自身で経営状態を把握していれば、その判断ができます。

ところが把握できていないと税理士さんに聞いて答えてもらって・・・というタイムラグが生じます。

そこで大きなビジネスチャンスを逃すことも!

だから、ご自身である程度の最低限は把握しておいて欲しいと思います。

そんな講座をしています。

本当に最低限の把握です。

でも知っているのと知っていないのとでは雲泥の差です。

【プライベート】であれ【ビジネス】であれ、どちらも「基礎知識」を吸収しておくことは大切です。

年内にしっかり「基礎知識」を吸収しませんか?

2017.10.05

ズボラさんが最後は勝つ!

ずばり聞きます!

あなたはズボラさんですか?

えっ?と思った人・・・きっとズボラさんです。

心当たりがあるから、えっ?と思ったんだと思います。

かく言う私もズボラさんです。

税理士事務所で勤務していてファイナンシャルプランナーで独立して会社を経営して・・・

ありがたい話、ズボラさんに見られたことありません。

でも残念ながらズボラさんなんです・・・自覚はしています。

そこで、気になりますか?

タイトルに「ズボラさんが最後は勝つ!」と書いた理由・・・

それはお金に関して最終的にはズボラさんが勝つんです。

えっ?

ビジネスであれ家計であれ、ズボラさんが最後は勝つ!

【ビジネス編】

経理はビジネスの要。

常に自分のビジネスを順調に経営するには、数字が読めて決断をいかに素早くするかが大切です。

でもズボラさんが勝つんです。

経営者さんの中にはこんな人も・・・

「俺、数字なんて嫌いやし、説明されてもわからへん」

なんて言いながらも、自身の会社の経営状態は頭の中で把握されている。

そのカラクリ、わかりますか?

【家計編】

家計簿つけてません。

それなので、何にどれだけ使っているかは把握していません。

欲しいものは買います。

収入額はだいたい一定です。

でも毎年、一定額をしっかり貯蓄され、老後のことも心配なしです。

このカラクリ、わかりますか?

これらのカラクリさえわかれば、ズボラさんが最後は勝つ!と書いた理由があなたにもわかります。

気になる方は、いつでもお気軽にお問い合わせ下さい。

ご自宅でも近くのカフェでも、どこへでも参上しますので!

あ、念のため書いておきますが、

ズボラを推奨している訳ではありません。

ズボラさんの良い所を書いたまでですので。。。


PAGE
TOP