耳寄り情報をご紹介

2021.01.18

相続の手続きは大変です

人が亡くなると必ず遺された家族に「手続き」という仕事がのしかかってきます。

相続が発生し、心身ともに疲れている中で、相続手続きは粛々と行っていかないといけません。

●市区町村への届け

●年金事務所への届け

●金融機関への届け

●登記変更の届け

●公共料金の引落の変更の届け

など

本当に多岐にわたり、遺族にとってこのうえなく疲れます。

中でも、不思議に思うのが市区町村ごと、金融機関ごとに届けの様式が異なることです。

同じ手続きをするのに、統一された様式ではなく、独自の様式の書類になっていて、

ひどい場合は、添付書類も異なります。

そうなると例えば、A金融機関は○○○○がいるけれど、B金融機関は○○○○はいらない、といった区別を、

1つずつの金融機関ごとにリストアップしてから行動を起こさないといけません。

本当に大変です。

さらには、どこにその手続きをしに行けば良いのかもわかりません。

それなので、「終活」が大切です。

終活は自分のためでもありますが、残された家族のためでもあります。

そして「エンディングノート」を作り、書類の整理もしておくことが、何より大切です。

遺された家族にとって、その人の思いを直接読み取れるものがエンディングノートだからです。

パソコンでデータとして残すこともできますが、私は手書きが一番だと思います。

その人の字もまた、思い出です。

年をとったから終活をするのではなく、気づいたときに少しずつ行っていくことが大切です。

コンを詰めると嫌になり、先に進めなくて辞めてしまうことに繋がるからです。

まだ今年も始まったばかりです。

始めません、終活を。

2021.01.14

2021年もあなたの「夢のかけはし」になります

2021年もスタートしてほぼ半月。

当社所在の京都は、本日から緊急事態宣言を受けての日々が再スタートとなりました。

2020年はコロナ禍一色の1年だったと言っても過言ではありません。

2021年も波乱のスタートなのでどうなるのか、見守る必要があります。

人は、自分に降りかか災難を「○○○○のせい」という風に考えてしまうことがあります。

それは楽だからです。

・景気のせい

・上司のせい

・コロナウイルスのせい

・取引先のせい

など

もちろん避けられない今回のような想定外の原因もあります。

でも人は生きていくためにこの災難を乗り越えないといけないですし、乗り越えている人もおられます。

では、どうするのか?

やはり人との繋がりが一番だと思います。

身動きがとりづらい時代ですが、その時代に合った動きをしていくしか方法はありません。

そのためにも早い段階で今年の目標を定め、それを細分化し、一つ一つステップアップしていくことが、

この難局を突破する近道なのかな、とこの年末年始で感じたところです。

当社の社名である「夢のかけはし」は、あなたの「夢」をかなえる「かけはし」になりたい、

と思ったところから名付けました。

今年もあなたのために、かけはしになることをお約束します。

2020.12.28

夢と目標の違い

2020年もあとわずかです。

今日で仕事納めの人も多いのではないですか。

当社も本日の営業で本年は仕事納めです。

来年は1/6からの営業となります。

さて年末年始は来年に向けて色々考える時期です。

この年末年始はあまり出かけない方がよいので、ゆっくり考えることができます。

とある人に昔に言われた一言がずっと残っています。

それが本日のお話です。

あなたはわかりますか。

「夢と目標の違い」

●夢はぼんやりなれたいいな

●目標は実現するためのもの

この話を聞いたときに、ハッとしました。

そしてなるほど、とも思いました。

あなたの来年への思いは、「夢ですか、それとも目標ですか。」

夢から目標に切り替える時、相当の決断が必要です。

●今までの生活が一変するけど大丈夫なのか

●家族に迷惑をかけないか

●独りよがりの決断ではないか

●モチベーションが維持できるのか

これらの不安を断ち切る方法は?

その目標を叶えた後の自分を想像することです。

その姿がはっきり見えたらモチベーション維持につながり、決断の後押しになります。

あなたもやってみてはいかがですか。

「夢から目標への切り替えを、そして決断を」

2020.12.14

書類整理の重要性

いよいよ今年も残り半月ぐらいになりました。

個人事業主さんなら12月末が締めとなりますので、

確定申告のことも意識して残り半月が勝負となります。

仕事はがむしゃらに残り半月を過ごすのみとなりますが、それに伴う書類整理はできていますか。

確定申告を見据えると、書類整理をしておかないと、必要な書類が肝心な時に出てこない、

となってしまいます。

先日、とある経営者さんとお話をしていて、書類整理ができないんです、と嘆いておられました。

なんとなく書類を拝見すると、「・・・・・」となりました。

●日付どおり並んでいない

●書類の向きがバラバラ

●書類の統一性がなくメモ用紙もある

●書類がどこにあるかわからない

●法定で決められた書類が正しく保管されていない

●過去何年分もの書類が1つのファイルに綴じ込まれていた

など

書類整理に困っておられる経営者さんや事務員の方は多いです。

書類整理ができていないと、本当にいざという時に困ります。

「この書類が見たい」と思っても見られないとなると、保管している意味がありません。

誰が見てもわかる保管の仕方、検討してみてください。

2020.12.08

投資を始める前に考えて欲しいこと

投資という言葉は、だいぶと馴染みのある言葉になってきたのでしょうか。

気軽に少額で長期間にわたって投資をして欲しい、という国の思いが浸透してきているという意味では

良いのかもしれませんが、一方で何でもかんでも全てのお金を投資に回す、

という間違った認識を持っておられる方も多くいらっしゃいます。

いま、ネット証券の広がりもあり、手軽に投資を始められますが、

間違った認識(全てのお金を投資に回す)を持ったままネット証券で購入し、

のちのちの生活が困窮するという例もあります。

また、今年のコロナ禍の経済のように、世界経済の落ち込みにより、投資をしている資産価値が

激減するということもあります。

このような事態になり相談に来られ、急いで資産の整理とお金の整理を余儀なくされる方もあります。

投資を始める前に必ず考えて欲しいのは、その投資に回す金額があなたの生活に支障をきたさないか、

ということです。

気軽に少額で始められるからと言っても、投資は投資です。

やはり余剰資金で始めるべきです。

じゃ、余剰資金はいくらなの?という声が聞こえてきますが、それは人により様々です。

一般的な(平均的な)金額はいくらなんですか?という声も聞こえてきますが、

そんな情報を鵜呑みにしないで欲しいです。

それですので、当社に相談に来られる方には、その方に見合った投資額をお伝えし、

その方の要望に沿った投資商品をお伝えするようにしています。

もう1度言います。

投資を始める前に必ず考えて欲しいこと、それはその投資に回す金額が

あなたの生活に支障をきたさないか、ということです。


PAGE
TOP