耳寄り情報をご紹介

2020.09.14

田舎の嫁の宿命なのか

先日、とある80歳の女性と会いました。

その女性は末期のガンなので治療することは年齢もあり何もできません。

そのため、自宅で療養されています。

入院されなかったのは、本人のご意向はもちろん、病院側も「コロナウイルスのこともあり、

万一病院に広がることも可能性としてゼロではないので、そうなると、ご親戚の方と面談が

できなくなります。そのため、ご自宅で過ごされることも良いでしょう。」ということだった

そうです。

その女性が嫁がれた先はいわゆる田舎だったので、「嫁」という仕事がありました。

テレビドラマのような「嫁姑」という、例のものです。

そのため、こういった状況にある中でも、「家」の今後が気になります。

●自分の葬儀のやり方(○○家に恥じないやり方)

●仏壇の取り扱い

●お墓の管理方法

●神棚の取り扱い

●家の玄関の美しさ

●蔵にある諸々のものの管理

など

ご本人はご飯も食べられない状況にあるのに、気になるのは「家」のことだけ。

子は親の今が気になり心配しているのに、見舞いに行けば、このような話ばかり。

正直、子は疲れます。

こうなる前に、親は子にしっかり伝達しておくべきです。

口頭で伝えるのは、正直、子も疲れます。

健康な時であれば、なおさら、このような話は親子関係が良好でも疲れます。

そのときに活躍するのが、エンディングノートです。

エンディングノートであれば、書きたいときに親が書き、書き直しもできます。

親から子に伝えるのは一言、「このノート、私に万一のことがあったら読んでね」。

親の文字で書かれた一つ一つが子にとっては宝物です。

親の思いの詰まったこのノートは、きっと宝物になります。

このような宝物を子に残しませんか。

また、このような宝物を親に作ってもらいませんか。

宝物を一緒に作りませんか。

宝物作りのお手伝いをさせていただきますので、興味ある方はお問い合わせください。

2020.08.24

お金の話をするのは不謹慎?

お金の話を家族で話をしたことはありますか。

友達とお金の話をしたことありますか。

「お金の話」と書きましたが、

●給料少ない

●ボーナスカットされた

●家計は赤字

●光熱費高い

●毎月貯金できない

●親が財産を持っているらしい

という話ではありません。

●私の手取り収入は25万円

●毎回ボーナスは60万円なのに今回はコロナウィルスのこともあって30万円になった

●今月の家計はお盆休みの旅行で8万円使って予定より多くなった

●親の財産はだいたい預貯金と金融資産と不動産で8,000万円ぐらいらしい

という話です。

日本ではお金の話はタブーです。

そのため家族ですら各自の資産を把握しておらず推測です。

以前の相談者さんでもこんな方もおられました。

「主人がお金を貯めていると思ったら貯めてなくて、主人が倒れたとき困りました」

「親の口癖がお金がない、だったので相続税なんて関係ない話だと思っていたら、

実は私達子どもに残すための口癖だったようで、税金がかかってびっくりした」

ということもあります。

たしかに家族でお金の話をするという習慣のない日本では、家族にお金の具体的な額を聞くのは

難しいし、どのように聞いたら良いかもわからないですね。

相談に来られた方によく聞かれます。

「親がどれだけお金を持っているのか聞きたいけど聞きづらい」

「子どもに教育費がかかるけど主人がお金を貯めているのか聞きづらい」

このようなとき、聞きづらいから聞かない、としているとどうなると思いますか。

将来的に困るのはあなたです。

まずは真面目に家族と話をする時間をとって、真面目に向かい合いましょう。

逃げてはだめですよ。

どうしても話しづらい時の秘策です。

「この前友人に会って話したんやけど、その友人のご主人って、実はギャンブルにはまってはって、

友人が思ってた預貯金額がなくて、ご主人とケンカになったらしいよ。あなたは大丈夫よね?」

「この前友人に会って話したんやけど、その友人のお父さんが倒れて介護状態にならはって、

友人が施設を探して施設に入ってもらおうと思って親に通帳を見せてもらったら、思っていた以上に

預貯金があって、このままいったら相続税が出るらしい。お母さん、うちの財産ってどうなの?」

お試しください。

2020.08.17

亡くなった後の手続きは大変だった

今年に親を亡くした私の友人の一言が印象的でした。

祖父母の死というのは、小さな頃だとあまり意識することなく、

人が亡くなるということも意識できずに人は過ごしています。

そのため、最初に大きな「死」というものを意識するのは自分の親の死の時が一番多いです。

子にとって親は当たり前の存在で、常に元気にしていると思いたいです。

ところが年月には勝てず、徐々に弱っていく親を目の当たりにします。

そのような中で最期の時を迎え、深い悲しみと喪失感に陥ります。

ところが、そのような感覚に浸っている余裕もなく、「死後の手続き」が襲ってきます。

親の住まいと子の住まいが近いと、まだ子も行き来することができますが、

子は北海道で親は京都に、となると、一筋縄で行動はできません。

手続きのため、何回も往復すると、交通費が莫大になります。

その交通費が莫大になるのを抑えるため、死後の手続きは、事前準備が必要です。

事前に電話で必要書類を確認し、準備できるものは郵送等も利用して準備し、

1度の往復で対応できることが重要です。

子には仕事があり家庭もあります。

親のためだからやって当然ではなく、子の生活が妨げられないようにすべきです。

そのため、親子の事前準備も必要です。

健康な時からいざとなった時に対応できるように、親子で書類の整理を一緒にしておきましょう。

今のご時世では一緒にとなると大変なこともあるので、それぞれが意識して整理しておくのも大切です。

そして親子でしっかりコミュニケーションをとり、悔いのないように生活していくことが望ましいです。

2020.08.11

親子でしっかりお金の話ができない

いまでも日本ではお金に関する教育というのはありません。

義務教育の中でお金の授業というのはありません。

たとえばアメリカでは小学校から投資教育があり、小学生が投資をしています。

そのため、投資期間が50年を超える人もいて、

投資の基本の1つである時間を利用した投資ができています。

では、日本ではどうでしょうか。

小学生のこどもと親がお金のことを話題にして話をすることがあるでしょうか。

こどもに親の収入について話をすることがあるでしょうか。

こういった関係が続き、

自然と親と子の間にお金のことについて話をしない習慣が身についてしまうのです。

そして月日がながれ、親が70歳代近くになり子どもも40歳近くになると、

なんとなく子どもは親の今後のことが気になります。

「介護状態になった時、どうするつもりなんだろう」

「いま生活している家、どうするつもりなんだろう」

「そもそも財産って持っているんだろうか」

など

そこで、今度聞いてみよう、と多くの人が試みるのですが、

今までお金のことを親と話したことがないので、何と切り出したらよいのかわからず、

もやもやしたまま月日が流れます。

なんとかお金の話を切り出せたとしても、親から

「あんたらが心配しなくてええよ」と言われ、それ以上突っ込めなかった、という事例もあります。

そんなこんなをしている間に、親が倒れ介護状態に・・・。

施設を探してもなかなか見つからず、病院からは早く出て行ってください、と急かされ、

仕事も手につかず心身ともに疲れる日々。

ようやく施設が見つかったと安心していると、親の容体が急変して他界。

今度は親の他界後の手続きに追われる日々。

さらに、親の財産について知らなかったが、実際に調べてみると、莫大な資産があって、

税金がかかるらしいことが判明。

ところが、メインの資産が不動産だったため、税金が支払えない、ということもわかってしまった。

「ほとほと疲れました」

これが子どもの本音です。

この事例のように、子どもは本当に疲れます。

原因はただ一つ!

『親子でしっかりお金の話ができていなかった』

このような事態を避けるのには、やはり親子が心身ともに健康な、比較的若い時から、

しっかり「お金の話」をするべきなのです。

あなたはできていますか。

2020.08.03

1年に1度は将来にもらえる年金額をチェックしましょう

もう8月です。

日本のほとんどの地域で梅雨も明け、夏本番です。

さて、突然ですが、あなたは健康診断を年に1度は受けていますか。

アラフォー・アラフィフになると、将来のお金のことも気になりますが、

将来の健康についても気になります。

そのため、多くのアラフォー・アラフィフさんは健康診断を年に1度は受けていると思います。

そして、その健康診断の結果を見て一喜一憂しながらも、病気が判明したら治療をされると思います。

これが将来の健康の不安への1つの対処法です。

では、お金の不安の解消に使えるものは無いのか?

あります!

これも年に1度、日本年金機構から案内がきます。

「ねんきん定期便」です。

見たことありますよね?

10年ぐらい前でしょうか、「消えた年金問題」といって注目をあび、その時に「ねんきん定期便」も

注目を浴びました。

ねんきん定期便は、今までの加入履歴や掛け方ものっています。

さらに、「ねんきんネット(インターネット環境があるところで見られるサイト)」を利用すると、

将来にもらえる年金額もわかります。

さらには、今後の働き方をどうしていくのかを入力すると、さらに厳密に、もらえる年金額が

わかります。

将来のもらえる年金額がわかると、将来に使えるお金がわかります。

さらには問題になっていた老後に必要な預貯金額もわかります。

こうやって、お金の将来の不安を解消していくのです。

あなたは、お金の不安の解消を年に1回、やっていますか。

やり方がわからない人は、お気軽にお問い合わせください。


PAGE
TOP