耳寄り情報をご紹介

2018.10.15

お金って何?

お金って何?

って考えたことありますか。

お金というものは、道具です。

何のための道具?

みなさんの夢を掴むための道具です・

夢を掴むため?

そうです!大げさに言えばですが。

例えば・・・。

●大学に行きたい

●家を買いたい

●おいしいご飯を食べたい

●きれいなドレスを着たい

●海外旅行に行きたい

●お金持ちになりたい

どうですか?

「○○したい」「○○になりたい」という夢は、すべてお金が必要です。

さらには、ビジネスを展開されている方は、よい取引先と取引をしたい、と考えた場合、

やはり「お金」が必要です。

お金でその取引先と信用の取引をします。

どうですか?

「お金」は、夢を掴むための道具でしょ?

この道具、みなさんはしっかり使いこなせてますか?

使い方を間違えると、夢も信用もなくします。

正しく使って、夢と信用を手に入れましょう。

2018.10.10

贈与税の配偶者控除

婚姻期間が20年以上ある配偶者から居住用不動産又は居住用不動産を取得するための金銭を、

贈与により取得した場合、2,000万円まで、贈与税はかからない。

このような規定が『贈与税の配偶者控除』という規定です。

この規定、落とし穴があるので注意してください。

この規定を受ける「要件」がいくつかあります。

その中でも、大切なのが・・・。

【居住用不動産を取得】

●贈与の日の属する年の翌年3/15までに、居住していること

●3/15以後も、居住し続ける見込みであること

【居住用不動産を取得するための金銭を取得】

●贈与の日の属する年の翌年3/15までに、居住用不動産を取得していること

●贈与の日の属する年の翌年3/15までに、居住していること

●3/15以後も、居住し続ける見込みであること

つまり!

金銭を取得した人は、翌年3/15までに「取得」「居住」「引き続き住む」を実践していないと、

この規定が受けられません。

ということは、贈与税が・・・。

もし取得した金銭が2,000万円の場合、

それに対しての贈与税額は、750万円です。

750万円支払うことになるか、0円で支払う必要がなくなるのか、どちらを選びますか。

本当に、ご注意ください。

2018.09.28

相続が気になる。どうしたらいいの?その②

前回に引き続きましての続編です。

前回の話は、

http://dream-get.com/information/2018/info142.html

そこで、本日は、

家族でお金の話ができるようになったら、次にすること!

それは『財産一覧表』を作ること。

家計簿はつけておられる方もあると思います。

収支の把握は、家計簿をつけてなくても、頭の中にある方も多いかもしれません。

ところが、

自分の財産(プラスもマイナスも含めて)を把握しておられる方は意外と少ないもの。

いま言えますか?

〇預貯金の残高

〇金融商品の時価

〇住宅の時価

〇住宅ローンの残高

〇車のローンの残高

〇クレジットカードの次回以降の引落額

など

これらも毎年管理が必要です。

どうして管理していけばいいの?

そんな話もさせていただきます。

詳しくは

http://dream-get.com/seminar/2018/seminar143.html

2018.09.27

相続が気になる。どうしたらいいの?

【相続が気になる】

こういった相談を友人から受けます。

今のアラフォー世代は、まさにこういった時期です。

親が病気になりがち。

親から相続のことで話があった。

親が介護状態になって、親の財産状況を初めて知った。

親が亡くなった。

【どうしよう?】

次に多いのが「親がお金をどれだけ持っているのか知らない」ということです。

以前にアラフォー世代の相談者様でこんな方がいらっしゃいました。

親が介護状態になって、施設に入ってもらおうと思った。

親は自分の子ども(親から見ると孫)にも色々と買ってくれているのでお金を持っていると思っていたが、

実際は全然持っていなかった。

どうしたらいいですか?

【まずすること】

親との会話です。

親にいきなり、「介護とか病気になったときのお金、持ってるよね?」

なんて聞けませんよね?

聞けるような間柄であるならば、すでにお金の状況はご存知だと思います。

とにかく、まずは親と色々なことで話をするべきです。

自分たち家族のこと、最近起こったこと、そしてお金のことも。

色々なことを話せる関係を築いたうえで、相続の話を持ち出すべきです。

そうでなければ、親は、「早く死んで欲しいんだ」なんて、

間違った解釈をしてしまい、相続(お金の話)がこじれることになります。

【みなさんは、最近、親と向き合って話をしていますか?】

財産なんてないから相続なんて関係ない!

家族仲良しだから争いなんて起こるはずがない!

そうではない事実が世の中にはあります。

まずは、親と話をしましょう。

2018.09.12

将来に必要なお金の額、知ってますか?

あなたは何歳まで生きたいですか?

今朝テレビを見ているとこんな調査があったとか。

80歳やら90歳やら。

私の場合、今41歳。

自分の今の年齢から考えると、90歳だとすると49年あります。

つまり今までの自分の人生より長い年数あります。

サラリーマンの方だと仮に60歳定年だとすると、90歳までだと30年もあります。

みなさんは30年間分のお金の準備できていますか。

多くの方がテレビや雑誌で伝えられる「老後に必要なお金の金額」に翻弄されています。

『以前にテレビで老後に1憶円必要だと言っていました。』

『私、1憶円ありません。』

『どうしましょう?』

実際にあった相談事例です。

将来に必要なお金の金額というのは、人それぞれ違います。

つまり自分の生活に合わせた必要額があるということです。

そんな相談を気軽にできる「個別相談会」を開催いたします。

詳しくは、こちらまでお問い合わせください。

https://kokucheese.com/event/index/534625/


PAGE
TOP