耳寄り情報をご紹介

2018.06.21

100歳まで生きる時代

突然ですが、

「あなたは何歳まで生きる予定ですか。」

「そんなものわからない!」

そうですね、わかりません。

では、質問を変えます。

「あなたは何歳まで健康で暮らしたいですか。」

「・・・」

この質問、セミナーで問いかけると、

「70歳ぐらいかな・・・あ、あと5年しかない!」

「80歳までは・・・え、まだ40年もある!」

といった答えが返ってきます。

平成28年の平均寿命は、厚生労働省の発表によると、

「男:80.98歳」「女:87.14歳」だそうです。

私は今年に41歳になっているので、今まで生きてきた人生の倍以上の年数を生きることになります。

今まで生きてきた、と言っても、正直生まれた時から10歳ぐらいまでの記憶はあいまいなので、

そう考えると、残り46年近くというのは、果てしなく長い人生だと感じます。

いつだったかCMかテレビ番組かで見たのですが、

「大人というのは人生の大半を占める」と言っていました。

本当にそうですね。

この長い大人生活を充実したものにするには?

私の思い描く人生の最期・・・

「とりあえず、ええ人生やったわ。楽しかった。」

こう言って幕を閉じたいな、と常々思っています。

この言葉を最期に残すには、何が必要か?

『心身ともに充実した人生を送ること』

つまり、やりたい事をやる、思い残すのことのない人生を送ることだと思っています。

●ステキな家族に囲まれる

●やりたい仕事に生涯をささげる

●海外で暮らす

●田舎で暮らす

など

これらに必要なのは何か?

●人との縁

●地域との縁

●仕事との縁

●お金との縁

言えば、お金だけに執着しても「心身ともに充実した人生」は送れません。

まずは、ご自身がどのように生きていきたいかを考えることが大切です。

今の生活は忙しいのはわかります。

そんなことを考えられない、というのもわかります。

でも、せめて毎月一回、ご自身の人生のことを考える時間を作りませんか。

毎月20日前後に、こんなことを話す機会を作っています。

前後というのは参加者さん任せで日時と場所は決めています。

もちろん一人からでも参加は可能です。

ご興味ある方は、いつでもお問い合わせください。

http://dream-get.com/contact.html

2018.06.18

求人を出しても人が集まらない

経営者の方から最近よく聞きます。

「求人広告を出しても履歴書を送ってくることもない」

「ましてや面接なんて」

最近は業種に関係なく人材不足が続いているようです。

また同業種からの引き抜き(いわゆるヘッドハンティング)もあるそうです。

つまり、自社の良さをアピールしないと従業員が定着してくれない、といった事象があり、

経営者の方は頭を悩まされています。

経営者というのは、やはり経営に集中すべき、というのが私の持論です。

もちろん、開業後すぐは無理で、「営業」「実務」「経営」の全てをこなすことが、

当たり前だと思います。

しかしある程度の規模になるとそうは言ってられないと思います。

「人に任せる」

とても勇気がいることだと思います。

従業員さんは経営者さんのコピーロボットではないので、思い通りには動いてくれないのが普通。

そこで任せる人を選ぶところから始めないといけません。

経営者さんは人を選び、仕事を教え、任せられるようになるには、相当の時間を費やすことになります。

そして、任せられるようになった時に、去って行かれると、経営者は喪失感にさいなまれます。

「なぜ、去っていったのか?」

大切な従業員さんを守りたくないですか?

大切な従業員さんと一緒に事業を大きくしませんか?

従業員さんの悩みをお聞きして経営者さんにその内容をお伝えし、

解決できるような仲介をさせていただきます。

従業員さんの不満の一位をご存知ですか?

『将来への不安』です。

将来への不安・・・つまり、お金と健康です。

大切な従業員さんとともに事業の拡大を目指しましょう!

2018.06.10

断捨離と終活

●片づけられない

●物があふれている

●捨てられない

よくあることではないですか?

普段生活している中では、少しイライラが募ることもあるかもしれませんが、

そこまで重要視をすることはないと思います。

ところが、親が年を取ってくると、少し問題になってきます。

みなさんも時々実家に帰ったときに気になることありませんか。

●片づけられない

●物があふれている

●捨てられない

自分の家のこともあるかもしれませんが、実家も気になりませんか?

親に万一のことがあると、実家の片づけは、

子どもであるみなさんが最終的に片づけをする必要がでてきます。

そのときに大切な書類や印鑑や通帳がどこにあるかわからないって、困りませんか。

これは処分していいものなの?ダメなものなの?と悩みませんか?

また、こういった大切なものを管理しているのが親のどちらか一方で、

もう一人は全く知らず、というのも困りものです。

親のことを四六時中心配なんてしていられない、ごもっともです。

みんな自分の生活が一番大切です。

究極を言えば、親の面倒を看る義務はありません。

それなので、親のことは自分の生活の次です。

それでも、みんな親がいて自分がいるのも事実です。

その実家で育った記憶もあり、大切な思い出もあるでしょう。

そんな実家のこと、しっかり片づけしませんか。

この片づけが、終活の始まりでもあります。

親子で語り合い一緒に時間を共有し、大切な片づけをしてみてください。

そしてその時間を有効に使い、お金の大切な話も忘れずに!

ひとつひとつ片づけることで「心(思い出)の片づけ」もできますよ。

親子で話す時間、間違いなく少なくなっていくのも事実です。

親子で語り合う時間、とってますか?

それが終活の始まりです。

親にとっても子にとっても・・・。

2018.06.06

あなたの老後の年金収入額は、おいくら?

みなさんは、自分の老後の年金収入額を知っていますか?

毎年誕生日ごろに送られてくる「ねんきん定期便」を見ていますか?

相談に来られる方の中には、「そんなの見たことありません」、なんて方もいらっしゃいます。

見ていますか?

次は、見るだけで終わっていませんか?

「見てます」と言われる方の中には、「私こんなに支払ってます」と支払額だけ見ている方も。

もちろん、そこも大切ではあるのですが、一番大切なのは、将来にいくらもらえるか、ですよ。

原則65歳から生きている限りもらえるんです。

ということは、定額収入が入ってくるんです。

その金額を知らずして老後の計画なんて立てたられません。

大企業にお勤めの方は、会社負担のお疲れ旅行、ということで、

老後に年金がどれぐらいもらえ、老後の生活は現役時代とこのように変わります、

と言った「老後年金セミナー」というものが開催されるところが多いです。

しかし!

私がサポートさせていただいている中小企業さんや個人事業主さんの会社では、

そのようなセミナーはなく、従業員さんが、しっかりした老後の生活計画を立てられない、

という困りごとを聞きます。

そんな会社の経営者さん、

従業員さんのために、人肌ぬぎませんか?

もちろん、従業員さんだけではなく、経営者さん自身も老後の計画を立てる必要がありますよ!

楽しい老後を迎えるためには、まずは計画、まずは「ねんきん定期便」を見るところから!

そこで「ねんきん定期便」の見方講座、どこでも開催できます!

この講座、1人からでも開催いたします。

場所もどこでも開催可能!

会社でもご自宅でもカフェでも!

もちろん複数人、友達を集めてワイワイガヤガヤ、勉強できます。

ご興味ある方は、お問い合わせ下さい。

【お問い合わせ先】

http://dream-get.com/contact.html

2018.05.30

有料セミナーと無料セミナー

先日、お会いした方からこんなこと、聞きました。

「某大手の証券会社さんが、今までは無料セミナーをされていたのが、最近は有料セミナーに

舵を切っておられる」とか。

大手の証券会社さんなので、マーケティングをしっかりしたうえでの、この流れだそうで、

その方には、これからは「有料の時代」だ、ともおっしゃっていました。

金融機関が有料セミナーをする、というのは画期的だと感じています。

しかしながら、世間では、無料セミナーがたくさん、行われています。

私自身も昔に参加したことがありますが、それはそれは賑わっていました。

日本人の気質として、「情報料は無料」という意思が強く、

事業したての頃は、相談者さんに「なぜ有料なのですか?」と尋ねられていました。

そのときに、明確な回答ができていなかった気がします。

しかし今なら言えます。

知りたい方は個別にお尋ねください。

もう一つ、

「無料ほど恐いものはない」

昔からよく言われることですが、こんな事例も。

先日、実家近くの空きスペースで高齢者の集まりを発見しました。

何だろう?と覗くと、

「無料で健康酢をプレゼント」と書かれていました。

その空きスペースに入れないほどの盛況ぶりに、残念さがこみ上げてきました。

「無料ほど恐いものはない」

みなさん、無料セミナーの全てを否定しているわけではないですが、

「無料ほど恐いものはない」ということ、

忘れないでくださいね。


PAGE
TOP