耳寄り情報をご紹介

2017.11.21

引き継ぐ

人は生活をしていると人から人へ色々なものを引き継ぎます。

例えば・・・

●洋服

私は次女だったのでお姉ちゃんの服を貰ったことがもちろんあります。

いまでは背丈も体格もほぼ同じなので、いまだに服を貸し借りすることも。

●仕事

サラリーマン時代、何度か転職をしました。

そのとき行われるのが仕事の引き継ぎです。

出ていく側は次の人がスムーズに作業が進められるよう、資料整理をします。

整理が大切です。

●伝統

先日、京都市南区を活動拠点とする子育て支援チーム「えむすまいる」のイベント「ファミリーマルシェinきょうと2017」に、

スタッフとして参加しました。

今回のテーマの一つでもあった京都ならではの伝統を親子でつなぐ、といった引き継ぎ。

着物ショーを中心に、これからどんどん引き継いでいってほしい文化についてもお伝えできたかな、なんて思っています。

など

何よりも引き継ぐときに大切なのは、前任者・先祖の思いではないでしょうか。

●なぜこれを引き継いでほしいのか

●なぜこれをあなたに引き継いでほしいのか

こういったことは形にして残しておかないと、後任者・子孫には伝わりません。

よくあるのが、「思っていた」という言葉。

思っているだけでは伝わらないし、正しく引き継げません。

【引き継ぐ】

その意思があるなら形にして残すべきです。

形はどのようなものでも良いと思います。

●ノートに記す

●メモ帳に記す

●映像で残す

そして、引き継いだものは、しっかりその形ある資料等にしっかり目を通し、

その思いを汲み取ってあげることです。

この引き継ぎがしっかり行われないと揉めることになります。

代表的なのが相続です。

これは自分自身の財産を引き継いでもらうのです。

●なぜ引き継いでほしいのか

●なぜあなたに引き継いでほしいのか

ここをしっかりしておけば揉めることは少ないでしょう。

そんなこんなのお話も含めて、来月にセミナーをさせていただきます。

【セミナーの案内】

http://dream-get.com/seminar/

気になる方は、ぜひ、ご参加ください。

2017.11.15

資産形成と性格

あなたは普段、自分の性格を人にどのように説明していますか。

また、人からどのように言われていますか。

そして、それらに差はありますか。

つまり、自分の理解と他人の理解は合っていますか。

なぜこのようなことを聞くのか。

それは、自分の性格を誤って認識していると、資産形成を考えるうえで重大な過ちになるからです。

●重大?

●性格が?

資産形成を考える中で代表的なもの・・・

●預貯金

●保険

●投資

これらと性格、何が関係するのか?

●恐がり

●危険な橋は渡らない

●危険を楽しみながら生活している

●ポジティブ

●ネガティブ

●静か

●コツコツ努力型

●自分の決めた道を脇目もふらず突き進む

など

他にも色々ありますが、それぞれの性格に合った資産形成の方法があります。

例えば、

「恐がり」の人、

ハイリスクハイリターンな株式の商品があるとして、

その商品と相性は良くないですよね。

この人は恐らく、日々の株価の値動きをチェックして、「売ろうか、買い足そうか」と悩みます。

これでは心が落ち着きません。

それならば同じ株式投資でも、

過去のその会社の経営状況を見て安定している所を選ぶとか、

今後、その会社が伸びるであろうことを想定できる材料がある所を選ぶとか。

恐がりさんが恐がらないでいいような状況を作りつつ、資産形成をしっかりしていかれることが、

一番望ましいことだと思います。

長くなりましたが、ご自身の性格の把握と他人の性格の把握が異なると、

誤った商品を提案されることになりますよ!

誤った提案を鵜呑みにして、損をしないように、お気をつけください。

2017.11.12

趣味にかけるお金

突然ですが、みなさんの趣味って何ですか?

自己紹介の時におっしゃる方もいらっしゃいますが、

私自身、趣味って特にありません。

趣味にはお金のかかる趣味とお金のかからない趣味があると言う人がいます。

しかしながら、私の中では、

趣味でお金のかからないものっていうのは、趣味なのかな?って思っています(単なる持論です)。

それなので、趣味に時間を割けるということは必然的にお金もかかっていると考えています。

でも、そのお金の使い方が間違っているとは、考えていません。

『趣味に没頭できる』

これってストレス解消の一つですよね?

人それぞれとはいえ、なんでもかんでもストレスになってしまう世の中にいる私達って、

ストレス解消法を見つけられた人が、世の中を牛耳っていると言っても過言ではないような気がします。

『ストレス社会に打ち勝てる力』

これこそがTOPに立てる理由のような気がしています。

それなので、

趣味にお金を使ってストレスを解消し、次のステップのためのモチベーションをあげ、

さらなる収入を増やしていく、これって良い巡りですよね?

ただし!

単純に趣味に没頭してお金を使って良い、と言っているのではないです。

<最低限のルール>

●生活費を食いつぶしてはいけない

●趣味に使うお金は上限を必ず決めること

●家族や他人を傷つけてはいけない(体も心も)

●将来にかかるお金(例:子どもの教育費・住宅関連費・老後費用など)の把握をしてから、

趣味にお金を使うこと

当たり前のことですが、この当たり前ができない人は、趣味にお金をかけないでください。

例えば、男性が言います。

「うちの奥さんは、ママ友とよくご飯食べに行ってるわ・・・無駄やわ」

→奥さんは、このママ友会でストレスを解消し、あなたのために美味しいご飯を作ってくれるかも。

例えば。女性が言います。

「うちの主人は、毎晩、飲み歩いてるわ・・・無駄やわ」

→ご主人は、この飲み歩きでストレスを解消し、お給料が増えて、

あなたにプレゼントをくれるかも・・・もうすぐクリスマスですし。

最後は陳腐な例だったと思いますが、

趣味にかけるお金が絶対悪ではないこと、理解いただければと思います。

2017.11.08

働き方

女性は今ある状況によって色々な呼称で呼ばれます。

●キャリアウーマン

●OL(さすがに今の時代はないですかね)

●おひとりさま(これは男性もあるかもしれませんね)

●主婦

●ママ

●お母さん

●おばあちゃん

それぞれの状況によって呼称だけではなく働き方も変化させます。

『働き方』

昨今、働き方改革といった言葉が国をあげて叫ばれ、色々な制度が導入されつつあります。

それは喜ばしいことかもしれませんが、最終的には本人の気持ちです。

ファイナンシャルプランナーに相談に来られる方の多くは、将来の漠然とした不安を抱えて相談に来られます。

お金の不安と言うよりは、人生の不安です。

ファイナンシャルプランナーは「お金のことについて相談をする人」とよく言われますが、

私は違うと思っています。

お金は手段なので、目的を達成するために使うものなんです。

その目的をハッキリさせてから、お金の相談をするのです。

それなので、私は相談に来られた方に必ず聞きます・・・

『やりたいこと、聞かせてください』と。

働き方もそうです。

自分のキャリアをどう活かすのか。

自分が一番やりたいことは何なのか。

相談に来られた方にはいつも話します。

『一番やりたい事』

あなたは何ですか?

もしいま見つけられていないなら、一緒に見つけましょう!

2017.11.07

年末調整

サラリーマンにとっての隠れたボーナス・・・

それが『年末調整』なのでは。

年末調整とは、ご存知の通り、

サラリーマンにとって、年に1回、所得税の計算を正しく計算し直して、

給料から天引きされていた所得税との差額の調整を行う制度。

多くの方が還付されるというので、隠れたボーナスと書きましたが、まれに徴収される方も・・・ちょっとお気の毒になります。

私はファイナンシャルプランナーなので、年末調整にあたって色々考えていただきたいので、この時期は、

毎年同じ話を書いています。

【控除証明書】

生命保険や入院保険や個人年金や地震保険等、保険に加入されている方に届くこれらの控除証明書。

この証明書はもちろん大切なんですが、その時に一緒に送られてくる「契約内容のお知らせ」、これに注目してください。

●へー、こんな保障内容だったんだ

●へー、毎年保険料ってこんなに払ってるんだ

そこで、

その保障内容と保険料、そんなに必要ですか?

家族構成は変更ないですか?

この保障内容の意味がわからない。

ね、しっかり把握しておくチャンスです。

加入している保険会社に問い合わせたり、お近くのファイナンシャルプランナーに聞いてみたり、してみてください。

もしかしたら、来年以降の保険料がお安くなるかも!

あと・・・

確定拠出年金(主にiDeco)に加入中のみなさんにも、控除証明書が届いているかと思います。

私も届いてますから。

その掛金で購入している商品の状況、確認していますか。

商品の見直しのタイミングかもしれませんよ。

この年末調整と言う国民行事のような制度の時に、

「ボーナス万歳!」という気持ちももちろん、サラリーマン時代を経験しているのでわかりますが、

ちょっと違う角度から眺める目を持つことも大切です。


PAGE
TOP