耳寄り情報をご紹介

2019.05.14

働かずして富を得たい

これは理想じゃないですか。

宝くじが発売されると長蛇の列ができるように、人は「働かずして富を得たい」と考えます。

もちろん、私もその一人です。

ボケっとしている間にお金が溜まっていく、これはまさに理想です。

わかっているけど、どうしたら良いかわからない。

そうですよね?

わかっていれば動きます。

でも、わかっていても動かない人っていますよね?

国を挙げて「貯蓄から投資へ」なんて叫ばれて、もう何年が経つのでしょう。

●貯蓄でお金が増える時代ではない

(超低金利時代ですから)

●漠然とした老後への不安

(少子高齢化で将来もらえる年金額が減少するかも)

など

不安ばかり煽られるなか、不安ばかり感じていても何の解決にもなりません。

年月は過ぎています。

●不安なので先取り貯蓄、「積立」始めたいと思います

ステキなことです。

以前の相談者さんでこのような声を聞くと、嬉しくなります。

そこで、その方には、もう一声かけました。

●貯蓄は間違いではないですが、同じ「積立」をするなら、超低金利である定期積金ではなく、

「つみたてNISA」や「積立投信」というのもあります。毎月少額で投資を始められます。

これらは「ドルコスト平均法」と呼ばれる購入の仕方なので、経済状況が悪化しても、

損をする可能性は低いんです。

その後、その方には「ドルコスト平均法」のお話をし、見事に今は投資家の仲間入りをされました。

「働かずして」というのはプロの域なので通常は難しいですが、大きな余剰資金がなくとも、

預け先を変更するだけで、お金の増え方が変わります。

「働かずして富を得たい」と考えるなら、「動かずして富を得られません」。

動いてみませんか。

気になる方は、お気軽にお問い合わせを・・・。

お待ちしております。

http://dream-get.com/kinchu/

2019.04.22

人生の後半をハッピーにするお金との付き合い方

人生の後半って何歳からなのでしょうか。

平成29年に生まれた人の平均余命(=つまり平成29年の平均寿命)は、

男性81.09歳、女性87.14歳だそうです。

つまり、40歳を超えると人生の折り返し、だということがわかります。

あなたの人生の前半はどうでしたか。

思い通りの生活が送れましたか。

想像したのと違っていましたか。

そして、これからの後半、どのように過ごしたいですか。

人生の前半は、ある意味どんどん頂上目指して昇っていく感じではないでしょうか。

人生の後半は、分かれ道です。

さらに昇っていく人、横ばいの人、下り始める人・・・。

あなたはどの道を行きますか。

どの道を進めるかは、大切なものとの付き合い方次第です。

それが「お金」です。

人生の後半は前半にも増して、お金との上手な付き合い方が強いられます。

〇教育費

〇住宅購入資金

〇老後

まさに人生の3大支出と言われるものが一気にやってきます。

【教育費】

子どものいるいない、子どもの人数にもよりますが、これからは大人も勉強する時代です。

生涯現役を続けるためにも、大人にも教育費がかかる時代です。

【住宅購入資金】

人口減少の時代に突入していく中、住宅は余るという予想もあり、

それでいけば購入資金も少なくてすむ時代になるのかもしれませんが、

それでも必要とされる条件の良い物件の価額は、そこまで下がることはないでしょう。

【老後】

祖父母・親、そして自分達の老後、自分達の老後だけを想像していては、いけません。

老後資金の準備は急務かもしれません。

どうですか?

人生の後半をハッピーにするには、こういったお金の準備をしっかりしていく必要があります。

準備できていますか。

お金との付き合い方次第で、間違いなく、人生の後半はハッピーになります。

人生の後半、令和の時代をハッピーに過ごせる準備を一緒にしませんか。

いま準備中ですが、

「人生の後半をハッピーにするお金塾」を計画中です。

ご興味ある方は、ご連絡ください。

プレ授業、受講できます。

ご希望の方は、ご連絡ください。

2019.04.19

相続のもめごと

相続というは、突然やってく場合とそろそろかなという場合があります。

ところがどちらの場合であっても、もめごとというのは起こりうることです。

もめごとって本当に疲れます。

今まで仲の良かった家族や親戚同士でのいがみ合い・・・。

そして音信不通になることも。

では、なぜもめごとが起こるのでしょう?

「大きな資産が動くから」

それではありません。

もめごとの多くは、相続税額が発生するかしないかの金額で多く発生しています。

多くは土地と建物と金融資産(預貯金や株式や投資信託等)といったところです。

ではなぜ?

それは「親の思いが子どもに伝わっていないから」です。

親は子どもに心配や負担をかけたくないものです。

それなので、心に思いをとどめておきます。

子は子で、今の生活が大変です。

それなので、親の思いを聞く時間がありません。

そしてボタンを掛け違えたまま、相続を迎え、もめごとに至ります。

それなので、もめごとを避けることは簡単です。

親が自分の思いを子に語り、子が親の思いに耳を傾ける。

これこそが、もめごとを避けることに繋がります。

「私の家は大丈夫かな?」

そう思った方は、4月25日(木)に相談会を開催いたします。

『毎月25日は「ニコニコ笑顔で相続相談会」』

〇親子で参加も歓迎

〇相続のもめごとにつながることって、我が家に限って無いと思うのですが・・・。

〇親からどうやったら話を聞き出せるの?

〇私が今からできることって何?

〇エンディングノートや遺言書ってもめごと対策につながるの?

など

どのような疑問でもOKです。

疑問までいかないにしても、「なんとなく不安」でも大丈夫です。

残り2枠です。

詳しくはお問い合わせ下さい。

http://dream-get.com/seminar/

2019.04.16

銀行口座(普通預金口座)をいくつ持つのが普通ですか

これは以前に来られた相談者様からの質問です。

では突然ですが、質問です。

あなたはいくつの銀行と取引をしていますか。

また、いくつ口座を持っていますか。

あなたは即答できますか。

銀行口座って知らないうちに増えることもあります。

たとえば、学生時代のアルバイト先で、アルバイト先を変えるたびに、

給料振込口座を作ってくださいと言われ、増えるということもあります。

これはアルバイト先に限らず、就職先でもあります。

また、結婚した相手に合わせて口座を作るということもあるでしょう。

あなたは管理できていますか、あなたの口座を。

管理できてなくて、困ることってありますか、と聞かれます。

今の現状ではないかもしれません。

(ただし、今、国は休眠口座の利用を考えています。)

ところが、ご自身に万一のことがあると、本当に困りごとが起きることもあります。

ご自身も管理できていなかった銀行口座を、遺された家族が把握している訳はありません。

そのため、思わぬ金額が口座に残っていて、相続財産から漏れる可能性もあり、

税額が発生する方にとっては、脱税といった疑いをかけられる可能性も否定できません。

長くなりましたが、タイトルの質問ですが、その方の諸々の状況もふまえた上で

全員に共通はしないですが、次の通り、回答しました。

「3つです」

1個は「給料振込と自動引き落としのものの管理」、

1個は「お子様関連のもの(まとめておくと、お子様への金銭教育にも使えますよ!)」、

1個は「個人用若しくはへそくり用(あくまでも貯金箱なので貯蓄用ではないです)」です。

いかがですか?

あなたも銀行口座の見直しをしてみては。

銀行口座に限らず、証券口座も見直しの対象です。

見直し方法のわからない方は、いつでもお尋ねください。

2019.04.09

なんとなく不安

ご相談に来られる方の大半が「なんとなく不安」と言うことで、お見えになります。

 

「なんとなく不安」の内容は相談に来られる方の年代により原因は様々です。

 

●今度結婚することになったのですが、今のままの生活を送ることができますか(30代)

 

●子どもの教育費の準備ってどうしたらいいのですか(40代)

 

●祖父母から家を相続したのですが使える状態ではないし、

 今のまま売るかリフォームして住んでから後に売った方が良いのか(40代)

 

●親の介護費用が重荷になっていて、私達の老後貯金がなくなっているのですが(60代)

 

など

 

みなさん、悩みは具体的なようですが、しばらくお話を聞いていると、根源は「なんとなく不安」。

 

相談に来られる方は、悩みの1つはわかっておられるので、それを「悩み」として相談に来れます。

 

ところが、人間、そんなに上手に悩みを探せません。

 

それでおそらく悶々とした状況の方も多いと思います。

 

そのような方を対象に、今月から月に2回、一応のタイトルはあるものの気軽に「なんとなく不安」を

「具体的な不安」に変えていただき、対策を練っていこう、という相談会を開催いたします。

毎月14日は「投資のセカンドオピニオン相談会」

http://dream-get.com/seminar/2019/seminar182.html

毎月25日は「ニコニコ笑顔で相続相談会」

http://dream-get.com/seminar/2019/seminar184.html

気軽に相談できて、今後の具体策を一緒に考えましょう、という相談会です。

投資や相続といった具体的悩みがなくても問題ありません。

お気軽にお越しください。

時間の予約制で、どちらの相談会もあと残りは2枠です。

時間を調整すれば、もう1枠追加も可能です。

これを読んで興味あるという方は、とりあえずご連絡ください。

お待ちしております。

http://dream-get.com/contact.html


PAGE
TOP