耳寄り情報をご紹介

2020.01.15

お金が貯められない

先日のご相談者様からのお悩みです。

これから子どもにたくさんお金がかかるのはわかってはいるけれど、

まったく貯められません、とのこと。

出産が遅かったので、子どもの教育費と親の介護・相続とご自身達夫婦の老後の資金が

重なりそう、ということでした。

ライフプランを作るまでもなく、もちろん、上記3つが重なることは必然です。

今の時代、晩婚化や晩産化がすすみ、このような悩みを抱えていらっしゃる方が多いです。

そのうえ家計に無関心なご主人だと、妻がなんとかやってるから、これらのお金の最大の危機も

うちの妻ならなんとかやってくれる、と思いがちです。

なかには、共働きだと、奥さんに内緒で個人の預貯金を貯めておられる方もいます。

そのため、ご相談者様のように、女性が1人で悩みを抱えることが多いのです。

さらに、女性は悩み出すとイライラしがちで、ご主人にそのイライラをぶちまけます。

言葉は悪いですがヒステリックになりがちです。

ヒステリックになると、ただただ文句を言うだけで話し合いになることはありません。

私の提案はこうです。

ご主人に現状を伝えましょう。

相談者様がわかっている預貯金額を全て合計してください。

そのうえで、これからお子さんに必要な教育費の総額

(塾や習い事や入るかもしれない学校でのクラブ活動での費用)を合計してください。

そして、ご主人に預貯金額と教育費の差額分、現状足りないけど、あなたは持っていますか、

と確認してください、と伝えました。

持っているよ、という回答なら少し安心できます。

あとは親の介護や相続に関する費用や自分達の老後についてもお金が必要なことを

追加で話しておくことも大切です。

もし、持っていないという回答であるならば、夫婦で準備する必要があります。

ご主人がサラリーマンであれば、給料が増えることは考えず、奥様が働かなければばりません。

専業主婦であれば働くことを考え、パート勤務なら正社員も考える必要があります。

ご主人が個人事業主や会社の経営者なのであれば、もっとハッパを掛ける必要があります。

もちろん、ご主人はめいいっぱい働いておられることは当たり前なので、ハッパのかけ方には、

愛情をもってしてくださいよ、もめることになるので。

問題なのは、夫婦でお金の話をしないことです。

ライフプランが大きく動くとき(結婚・出産・子どもの進学・親の介護・親の相続・退職)は、

お金が大きく動くときです。

前もって夫婦でしっかりお金の話をして、お互いが安心して暮らせるようにしてください。

そのうえで、必要なお金の金額を夫婦で理解し、お金を貯める・増やすを検討していく必要があります。

いまの銀行等の金利では貯めることがはできても増やすことはできません。

増やす必要があるなら、人が動くかお金が動くかの2択です。

人に限界があるならお金に動いてもらうしか方法はありません。

資産運用の最大の見方は、時間だと思っています。

時間を有効に使うためにも、資産運用を始めるなら早期の決断が必要です。

お金を増やしたい人は、始めなきゃ損ですよ、資産運用を。

0からお教えします、資産運用を。

お問い合わせを待っています!

2020.01.07

2020年は「夢叶」が合言葉

ずいぶんと経ちましたが、

あけましておめでとうございます。

2020年もスタートしてはや1週間が経とうとしています。

あなたの2020年の目標は何ですか。

当社の今年の合言葉は「夢叶」です。

そうです、「夢を叶える」です。

夢と目標と異なります。

昔に本を読んだことがあります。

夢は最終的な願いであり、「こんな風になったらいいな」です。

目標は「夢を叶えるために公に宣言すること」です。

そして、その目標の実現のために「計画を立てる」んだそうです。

そしてそして、その計画の進捗を常にチェックすると、「こんな風になったらいいな」が、

現実のものとして叶うという流れです。

当社は今年もあなたの一番近くにいる「お金に関する相談相手」であり、

あなたの「夢叶」のパートナーです。

ひとりで悩んでいても始まりません!

一歩踏み出して、あなたの夢を語りにきませんか。

当社は今年もあなたを待っています。

2019.12.23

記事掲載のご報告です

大切な人を亡くした時の遺族年金の手続きについて、投稿いたしました。

今すぐに役に立つ情報かどうかはさておき、頭の片隅に置いておくのは大切です。

ご一読いただければ嬉しいです。

https://a-cashing.com/ch-column/survivor-pension/

2019.12.16

老後に必要なお金はいくらか

この話は永遠のテーマです。

相談に来られる方も、気になる項目の1つです。

何度も書いているかもしれませんが、老後に必要なお金は人それぞれ異なります。

そのため、まずは老後の生活をイメージしてもらうことが大切です。

☑どこで暮らしたいか

☑日々、何をして過ごすのか

☑国内旅行は1年間でどのぐらい行きたいか

☑海外旅行は行きたいか

☑生活費が今と比べてどうなる(増える?減る?)のか

☑終末期をどう過ごしたいのか

など

おひとり様であれ、お子様がいらっしゃるのであれ、お子様がいないのであれ、

誰でも想像できます。

これらをイメージして、99歳まで、いくら必要かを概算で考えてみましょう。

まずはそこが見えてこないと老後に必要なお金の額は考えられません。

今年も残すところ、少なくなってきました。

来年以降、どのようにお金と付き合うのか、考えてみてください。

2019.12.09

介護と相続は突然やってくる

アラフォー・アラフィフ世代になると、

親の健康状態というのは気になるものです。

子どもは、頭のどこかで気にはしているけれど、仕事や子育ての忙しさにかまけて、

気にしないふりをしています。

親は親で、子どもに心配をかけたくないため、少々の体調の悪さでは、

報告してきません。

そうして月日が流れ、突然やって来るのが、

「親が倒れて病院に運ばれた」という一報です。

そののちに待っているのが、

親の介護状態への対応だったり、親の財産の整理だったり、

親の家の整理だったり。

実際、アラフォー・アラフィフ世代の相談で増えているのが、

「介護や相続の問題」です。

☑親の介護施設が見つからない

☑親の介護費用がいくらかかるのかわからない

☑親の現状の財産がいくらかわからないため、介護施設に入って生活できるのかわからない

☑親が遺言書を残しているというのは聞いていたけど、どこにあるかはわからない

☑親の相続で、そもそも税金がかかるのか知らない

など

介護や相続の問題は、聞いたことはあるけれど、自分には関係ないもの、と思いがちです。

いざ、その立場にたった時には、時すでに遅し、という状態もあります。

そうならないためにも、親も子も健康で、頭の整理がしっかりついている状態で、

家族そろってお金の話をしてみてください。

年末年始は親戚が集まる機会も多いはずです。

そのような機会に親子でしっかり話をしておきましょう。


PAGE
TOP