お金に関するお役立ちの耳寄り情報

  • tel.0752023110
  • お問い合せはこちら
タイトル背景

耳寄り情報耳寄り情報

耳寄り情報をご紹介

2021.05.07

親が認知症になったかも

どうしても「ファイナンシャル・プランナーへの相談」と言えば、

「家計相談」「保険相談」「住宅ローンの相談」と思われがちです。

ところが、当社に来られる方は、「親の相続」「親の介護」「退職後の生活の在り方」といったことが

多いです。

もちろん初めの相談は、「家計が気になりだして」というのがとっかかりです。

色々お話していく中で『親が認知症になったかも』という話も時々出てきます。

2020年の65歳以上の高齢者の認知症有病率は16.7%、約602万人となっており、6人に1人程度が

認知症有病者と言えます。

国の予測では、2050年、65歳以上の高齢者の認知症有病率は、少なく見積もっても約20%、

多く見積もると約27%となっており、4人に1人程度が認知症有病者と言えます。

認知症の初期症状は、物忘れと混同されがちです。

家族の中で、言動が何かおかしい、と思い出し、病院に強引に連れていき判明する、というのが

相談に来られた人のお話です。

そこからの苦労話は本当に身につまされます。

自分の親が今までと違う言動をし、最終的には自分自身がわからなくなる、という恐怖心と闘いながら、

皆さん、本当にしっかり介護されています。

当社ができることは、そういった人のお金の悩みを取り払ってもらうことです。

今あるお金で、どのようにやりくりするか、どういった機関と連携すれば良いのか、

そういったお話をさせていただきます。

お金の不安は人の心をすさんだものにしてしまいます。

残念ながら、これは事実です。

お金の不安がなければ、家族仲はこじれることはなかった、という事例もあります。

これも事実です。

何かお金のことで少しでも気になることがあれば、ぜひ相談してください。

自分が気づいていないことが原因で、しんどい思いをしているかもしれません。

1人でしんどくならないでください。

2021.04.27

投資を始めるのにどのような商品を選んだら良いですか

よくある相談内容です。

投資を始めようと考えたときに、商品の多さに愕然とします。

過去に投資信託を購入したことのある人は、商品の多さは知っているのであまり驚きません。

(それでも毎月のように商品が作られているらしく、正直なところ、商品の全てを把握するのは、

無理です。)

ところが、これから投資を始めようとする人にとって、商品の多さは高いハードルです。

そのため、相談に来られた方はよく聞かれます。

この回答は・・・。

「商品選択より、もっと大切なことがあります!」

それは・・・。

『金融機関選び』です。

金融機関選びに失敗しないこと、それが第一のハードルとなります。

その次が商品選びです。

そのため、投資を始めるにあたって、その人に合った金融機関と商品を選ぶため、一緒に調べます。

なぜ一緒に調べるか?それは・・・。

もちろん相談されたらいくらでもお教えしますが、

今後に一人で商品を選べるような知識をつけて欲しいからです。

それだけです。

新社会人の人で、初任給をもらい、どうしよう?と悩んでおられる方は、

簡単にできる先取り投資(積立投資)を始めませんか?

2021.04.19

積立投資は若さが最大の武器になる

あなたは何歳ですか。

厚生労働省の主な年齢の平均余命表によると、令和元年の平均寿命(0歳時の平均余命)は、

「男:81.41歳」「女:87.45歳」となっています。

ちなみに私は今年44歳なので平均余命は、約43年ぐらいとわかります。

まさに「折り返し」です。

最近、私よりひと回りぐらい年下の人との交流が多く、「若いって素晴らしい」と思います。

もちろん見た目や活発度が違うのはもちろんですが、考え方が若い。

さらに言えば、お金を貯める期間が私より十数年多く、運用期間も長いということです。

ひと回り違うと目標や夢も多く、叶えたいことがたくさんあります。

その叶えたい目標や夢を実現するためにはお金がいることは、もちろんわかっておられます。

そのため、今からコツコツ投資の勉強をされています。

30歳代は、ライフプランの大きな転換期でもあり、積立投資をするお金がない、という人も多く、

無視しがちです。

しかし、今から実践すれば、将来に向けてお金を増やし残すことが可能です。

交流あるひと回り下の人達は、将来を見据えコツコツ投資を始めておられます。

1日でも早く始めるのが得なのを感じてられます。

長期に投資ができる、これは若いからこそできる最大の武器です。

今すぐ始めましょう!

2021.04.05

新しいことにチャレンジする時の心構え

4月に入り、今週から本格的に新年度がスタート、といったところでしょうか。

日本では、どうしても子どもの頃からの習慣で、4月と聞くと、ちょっとピリッとした気分になります。

昨年の今頃は、コロナウィルス一色でした。

今年はどうなるのかと思っていましたが、状況はあまり変わりません。

ところが、良い意味では、「どうしたらいいのか」という焦りはないように感じます。

しかしながら、悪い意味で、「慣れ」が出てきているのも事実です。

何においても「慣れ」は、気持ちの上では楽ですが、行動を疎かにしてしまいがちです。

4月から新年度ということもあり、新しいことにチャレンジされる方も多いと思います。

また、意図せず、大きくライフプランの変更が起こった方もおられると思います。

どのような状況下でも、「今」を受け入れることが一番です。

最良の状況か、最悪の状況かは、人それぞれだと思いますが、まずは、「今」を受け入れることです。

そして、「今できること」から始めることです。

「しなければいけないこと」がいっぱいあって、何から手をつけたら良いのか、混乱する時もあります。

混乱してもしなくても、「しなければいけないこと」は待ってはくれませんし、期限もやってきます。

また、「はやる気持ち」も出てきますが、もう一人の自分としっかり向き合い、冷静な行動が成功を

呼ぶと考えます。

つまり、「今」を受け入れ、「もう一人の自分」と向き合うことが、新年度スタートにおける大切なこと

だと感じました。

1日のうちに1時間でも良いです。

もう一人の自分と会話してみてください。

そして、次の日の活力にしてください。

2021.03.22

エンディングノートの必要性

エンディングノートという言葉を聞いたことがありますか、と聞くと、何それ?という人は

恐らく少ないと思います。

1度は聞いたことのあるこの言葉、でも、エンディングノートを書いたことがありますか、と聞くと、

恐らく多くの人が書いたことはない、と回答されると思います。

中には、書こうとして買ったけれど、書くことがいっぱいあって書けなかった、という人もおられます。

そもそもエンディングノートを書く意味をご存知ですか。

「終活でしょ?」

「亡くなる準備でしょ?」

どちらも間違っていませんが、本当の意味は・・・。

『将来の不安材料をなくして今を楽しく生きる』ために書くのです。

つまり、書いたことがない・書けなかった、という人は、今を楽しく生きるチャンスを逃しています。

「書くことがいっぱいあって書けなかった」のは、

たしかに本屋さんで売っているエンディングノートは、分厚い印象です。

書く必要のある情報は、たしかに細かくすればするほど、分厚くなります。

最低限必要なことだけをまとめても、エンディングノートは完成します。

では、何を書けば良いのか?

何も書かなくてもエンディングノートが作れるんです。

●面倒くさがり屋さん

●書類の整理ができない人

このような人には必見です。

知りたい人、お問い合わせを!

1人で参加する勇気のない人は、友達を誘っての相談も問題ありません。

親子で相談に来られるのも問題ありません。

待ってます。または伺います。

もちろんオンラインでも構いません。

気になる人は、今すぐ問い合わせを!


PAGE
TOP