お金に関するお役立ちの耳寄り情報

  • tel.0752023110
  • お問い合せはこちら
タイトル背景

耳寄り情報耳寄り情報

耳寄り情報をご紹介

2023.01.04

2023年もよろしくお願いいたします

年が明けて、はや4日目。

年末年始はバタバタして終わっていくものですね。

さて、改めまして、明けましておめでとうございます。

本年も皆様が夢に少しでも近づけるお手伝いをさせていただきます。

「1年の計は元旦にあり」と申します。

皆様は2023年の計画(目標)を立てましたか。

当社としての目標は2つ、個人としての目標は2つ、を設定しました。

今年の年末に、これら目標が達成できるよう、さらに細分化して今、何をすべきかを明らかにしていきます。

その細分化した目標を日々積み重ね、大きな目標の達成へと繋がると信じて進んでいきます。

よく言われる「目標」と「夢」の違いをはっきりしておきましょう。

「目標」は達成しなければいけないこと、「夢」は希望です。

もちろん当社にも「夢」はあります。

しかしそれは「目標」とは異なります。

「目標」の達成がいくつも実現したうえで「夢」は叶うのです。

そのため「目標」を設定し「夢」へと繋げましょう。

そのお手伝い、いくらでもさせていただきます。

2022.11.02

事業も家計も資金繰りが一番大切です

資金繰りって考えていますか。

事業をしていれば、毎月の資金繰りが大変で、という声を聞くこともあります。

事業をしていれば、損益の赤字より怖いのが資金繰り悪化です。

「黒字倒産」という言葉があるぐらい、資金繰りの悪化は事業の継続にとって命とりです。

では、家計はどうでしょうか。

家計も、当たり前ですが、資金繰りの悪化は命とりです。

家計の資金繰りって?

ここ数年はコロナウイルス危機とでも言うように、景気の悪化が顕著に表れています。

物価高、円安、株価の乱高下、給料があがらない・・・。

一方、国は「資産所得倍増プラン」といった文言で、国民が幸せになるように訴えます。

この文言により、お金を増やすには投資だといった投資熱が、証券会社を中心とした金融業界から、巻き起こされています。

誰しも投資を始めて幸せになるんだ、といった感じでしょうか。

たしかに今のご時世、お金で買えないものはない、というぐらいの世の中であることは否定しません。

お金はいくらあっても邪魔にならない、なんていうこともあるでしょう。

それなので、投資でお金を増やして幸せになるんだ、という思いも分かります。

そこで、先ほどの問題です。

「家計の資金繰り、できていますか?」

家計は一人ひとり、何に重きを置くかが異なるので一概には言えませんが、投資のお金を最優先に考えて、家計が火の車になっている人が

見受けられます。

私の中では「投資倒産」です。

●将来が不安だというと金融機関から投資をすすめられ始めました。

●投資はできる限り早く始めたら良いと言われました。

●少額から始めて毎月コツコツ積立ていけば良いと言われました。

すべて間違いではありません。

でもその前に考えないといけないことがあります。

「家計の資金繰り」です。

入ってくるお金(給料等)と出ていくお金(生活費等)と投資のお金とのバランスです。

投資のお金の前に、いざというときのお金として預貯金に入っているお金とのバランスも考える必要があります。

つまり、投資する以前に家計の資金繰りを考える必要があります。

そこを怠ると、投資にお金を回し、通常の生活がギリギリの生活で、今が幸せなのか、と疑問を感じるようになります。

あなたは「投資倒産」していませんか。「家計の資金繰り」できていますか。

当社は家計の資金繰りのサポートもしています。

具体的には、あなたの家計に対する思いをヒアリングし、何に重きを置いて家計の資金繰りをしていくべきなのか、

といったことを数カ月にわたりサポートし、次のステップへと導きます。

あなたの家計の資金繰りが考えなくてもできるように、あなたの側でお節介させていただきます。

いつでも気軽にお問い合わせください。

https://dream-get.com/contact.html

2022.09.28

プロに教わることの大切さ

もう9月も終わりですが。

9月の始めに遅い夏休みをいただき、宮崎県までゴルフを教わるため、旅行もかねて行ってきました。

ゴルフを始めたばかりのころに何度か習っていたものの、理解できていなかったことがたくさんありました。

今回の指導でモノにできたのかはさておき、やはり自分の分かっていなかったことが少しずつ分かるようになることは、楽しいものです。

また、ぼんやりこんな風に打てばよいのかなと独自で練習していたことが、プロに習うことで、今度からは具体的にここを意識して

練習してみよう、という風に変わりました。

また、先日に開催した、ひとり親のためのライフプランセミナーでは、セミナー後に、今まで自分のことなんて考えてなかった、

自分のことを考えながら子どものことも考える大切さを学べました、など、セミナーに参加して良かったというお声をいただきました。

つまり、教わることを恐れないこと、教わることは恥ずかしいことではない、ということを改めて思いました。

教える側のプロは、教えるというよりは、その人の思いを変えてあげることを一番に考えています。

教わる側は、何か1つでも自分のためになることを持ち帰ろう、と思います。

この両者の思いが一致すれば、過去の自分から少しは変れるかもしれません。

11月にまたプチセミナーを開催いたします。

ご興味ある方は、こちらのサイトまでアクセスしてください。

https://www.wings-kyoto.jp/event/event-all/tsunasou2211.html

2022.09.01

金融教育が国家戦略に

数日前に発表された「金銭教育が国家戦略になる」という報道ですが。

国家戦略とまですべきものなのでしょうか。

おそらく日本において今まで「金銭教育」という概念が国側にはなかったから、

このような大げさな発表になるのでしょう。

「教育」という言葉を使うことで、日本人は注視する傾向にあるような気がします。

昔からかもしれないですが、「いい学校に入っていいところに就職して・・・」ということで、

教育に重きをおいてきた日本ですから、致し方ないかもしれません。

では今まで金銭教育がなされてなかったのか、と言えば違います。

日本全国で、ファイナンシャル・プランナーを中心に多くの団体が、金銭教育を実施しています。

今では金融機関においても金銭教育は行われています。

さらには、インターネット上やSNS上でも、検索をすればいくらでも金銭教育は受けられます。

いわば、教育があふれているにも関わらず、金銭教育が広がらない

(経済用語がわからない・間違った投資をしている・将来を見越したお金との付き合い方を考えられない等)のは、

教育を受けたいと思うかどうかではないでしょうか。

教育は、強制されると頭に残りません。

嫌々やっても、知識として定着しません。

第一歩は、興味をもつことです。

お金に興味がない人は少ないと思います。

お金がたくさんあれば、と考える人も多いでしょう。

では、次の一歩です。

金銭教育に興味がある人は、ぜひ、お問い合わせください。

大人も子どもも大歓迎です。

あなたに合ったあなただけのための授業を開催いたします。

まずは、お問い合わせを。

https://dream-get.com/contact.html

2022.07.30

人生の節目にはお金との付き合い方を再考しよう

人生の節目ってどういうタイミングのことなのか、ということからお話を始めましょう。

人生の節目とは生活様式が変わるときのことです。

たとえば、

子どものことで考えると、小学校から中学校、高校、大学、社会人というように子どもの生活様式が変わるタイミング、

自分自身にとって考えると、大学生から社会人、結婚、親になる、転職、退職というようなタイミングのことを言います。

次にお金との付き合い方とはどういう意味なのか、ということです。

これも例をあげて考えてみると、子どものことで考えるのであれば、わかりやすいのは「おこづかい」をどうするのか、

ということです。

先ほどもみた子どもの生活様式が変わるタイミングで、おこづかいをどのように渡すのか、いくら渡すのかといったこと、

さらには、子どもにお金との付き合い方を教えていく必要もあります。

「もらったお金を欲しいものに全額使わない」

「持っているお金の範囲でやりくりする」

「社会人になったら、将来のことを考えてお金を貯める・増やす」など

自分自身にとって考えると、社会人になるタイミングで親からの援助を断ったり、さらには親に生活費を渡したり、

結婚のタイミングで結婚相手としっかりお金のことを相談したりなど、

節目にはお金との付き合い方を再考する絶好のタイミングです。

いまもし、人生の節目をまもなく迎えるけど、どういう付き合いをお金としたらよいのか悩んでいるあなたは、

相談にいらしてください。

絶好のタイミングを逃してはいきません。

あとあと後悔することにもなりかねません。

お待ちしております。


PAGE
TOP