日経平均株価に動揺されている皆さんへ

2020.03.16

こんにちは。

毎日テレビを見ると、コロナウィルスの話が飛び込んできます。

街中をぶらぶらしていても、ほとんどの方がマスクをしていて、

なんだか異様な光景のようにも感じます。

しかしながら、やはり目に見えないウィルスのことは、恐いですね。

自分ができる限りの防護(手洗いうがい)を意識して、生活したいものです。

さて、コロナウィルスの影響により、世界中が大混乱におちいっています。

経済もその大混乱の中にいます。

投資をされている方は、少々気になりますよね。

少々どころではない!!という声も聞こえてきそうです。

私がファイナンシャルプランナーの勉強を始める前に「リーマンショック」がありました。

その当時サラリーマンだった私は、銀行に言われるがままに投資信託を購入し、

投資をしている気分でした。

「将来、このお金がどんなふうに増えるんだろう」なんて呑気に考えていました。

ところが2008年9月、リーマンブラザーズの経営破綻に端を発したリーマンショックにより、

私が投資をしていた投資信託の元本価値が半分に!!

どこが底かもわからないし、ファイナンシャルプランナーの勉強を始める前の私は投資に関する

知識は一切なかったので、私の投資信託が0円になるという恐怖心だけが先行し、売却してしまいました。

元本価値が半分になっても、手元にお金が残ったことにホッとはしたものの、投資が恐くなり、

一生投資はしないと決めたのでした。

ところが、もし、あの当時の私に会えてアドバイスできるなら、売るんじゃないよ!です。

たらればの話ですが、持っていれば元本価値は倍にはなっていました。

つまり、知識の欠如と金融機関がしっかりしたアドバイスをくれていれば、

売る必要のなかった商品だったのです。

いま、刻々と日経平均株価の動向にやきもきされている方も多いとは思いますが、

私のようにならないように、しっかりご自身の商品がどのようなものなのかを再確認し、

この状況をいかに乗り切るかを考えて下さい。

ご自身の商品がどのようなものなのかが分からない人は、信頼できる人に必ず相談しましょう。


PAGE
TOP