タイトル背景

耳寄り情報耳寄り情報

老後は親からの相続財産があるので大丈夫です

2021.02.15

相談に来られる人の中で一番の相談内容は、「老後不安」です。

これは年代に関係なく、20代は漠然と、50代は直前で焦る、といった感じに受け取れます。

数年前に起こった老後に必要なお金は2,000万円です、

といった老後不安をあおるような報道もあいまって、

老後不安は募っているのだと思います。

ところが、時々相談に来られる人の中には、老後不安はない、という人もおられます。

お話を聞くと、

「今は子どもの教育費で生活は少々厳しいけれど、将来は親から相続する財産があるので、

安泰なんです」という人も。

「それなので、60歳代ぐらいまで生活ができれば、大丈夫なんです」ということも言われます。

すべてのファイナンシャル・プランナーがその答えを話すかわかりませんが、

私としては、次のようにお話します。

「相続財産は、宝くじと同じだと考えた方が良いですよ。」

「言葉は悪いですが、相続財産はタナボタ(棚から牡丹餅)なものです。」

「相続財産を自分のライフプランに取り込み、老後の生活は安泰だと考えると、少々疑問がわきます。」

「すでにその相続財産の行先が遺言書により決まっていたとしても、

今後書き直されることもありますし、絶対とは言えません。」

「老後のお金のことを考える時は、本当の意味での安泰を目指すために、今から準備します。」

といった感じでお話をし、相続財産を除いた状態でステキなライフプランを作り、

そのプランに見合ったお金の出入りを考えます。

決して、相続財産を含めてのお金の出入りを考えないでください。

相続財産が万一その計画通りに手に入らなかった場合が、恐ろしいからです。


PAGE
TOP