お金の区別をしていますか

2019.02.26

お金を区別していますか?

お金は同じで見分けはつきませんが、用途により区分けしておくことをお勧めします。

それは色々な場面において考えられます。

【サラリーマン家計】

●生活費

●数年後に生活として必要なお金(教育費や住居費等)

●しばらく使わないお金

【個人事業主家計】

●生活費

●数年後に生活として必要なお金

●事業に必要なお金

●数年後に事業として必要なお金

●しばらく生活にも事業にも使わないお金

【相続まじかの家計】

●生活費

●数年後に生活として必要なお金

●相続税を納めるお金

●相続税対策をするためのお金

●遺される家族に残すお金

など

それぞれの立場によりお金の区別をしておかないと、いざという時に混乱しています。

相続でよくある事例は、不動産(土地建物等)が多く現預金が少ないと、

相続税の税金は多く発生するけれど、支払うお金がない、なんてこともあります。

事前に対策ができていれば、このような事態になることは、少なくなります。

これは相続の事例ですが、もちろん家計でも同じです。

サラリーマンも個人事業主も。

いま、投資を推奨する金融機関が多いです。

そしてその推奨を受け、投資をしようと投資を始めるときに、お金の区別をしないで始めると、

結論的に必要なお金がなく、長期に運用も出来ず途中解約となり、結果的に損をした、

という事例もあります。

大切なお金がそのような事態にならないためにも、何をするにもお金の区別をしてから始めて下さい。

わからない方は、一緒に考えていきましょう。


PAGE
TOP