2017年の耳寄り情報一覧

2017.06.21

「投資」を始めたいけど始める勇気のないみなさんへ

今月に入って楽しい出会いが続いています。

その一つとして「投資」のプロの方との出会いです。

若い方向けに「投資」の必要性を教えていらっしゃる方で、私も参加させていただいた「投資ワーク」はとっても楽しいものでした。

そのワーク、参加されていたのはほとんどが大学生でした。

日本や世界の経済状況や今後の在り方を把握され、投資の必要性を強く感じ、参加されていたようです。

私自身の大学時代とはまったく異なり、自分自身がお金のことを考えていなかったことが露呈された次第です。

逆に、投資の必要性を感じておられる若者に出会えたことに感動し、やはりもっと多くの人に投資の必要性・そして正しい方法を広めていく必要があることも再認識させられた出会いでした。

 

そのプロの方もおっしゃっていたのですが、投資の基本『長期分散投資』のあるべき姿・・・

それは、

『社会に出るまでに投資の基本を身に着け、社会に出たら実践あるのみ』。

その通りだと私も思います。

 

日本に投資が根付かない原因は、「知識がない」です。

知識がないから恐いんです。

知識がないからお金持ちのマネーゲームなんて考えるんです。

 

私も1度、投資に失敗した者として、二度と投資なんてするもんか、なんて思っていました。

みなさんと同じ、ただただ恐かったんです。

 

しかしこの失敗後にファイナンシャルプランナーの資格をとり、知識は得たつもりです。

その知識を得た結果、私の投資は間違っていた、という結論です。

 

こんな失敗をしないためにも、みなさんに基礎の基礎の投資の勉強会を開催しようと考えています。

 

予定は8月の下旬です。

ご興味ある方は先行予約受付中です。

詳細を聞きたい方は、ご連絡いただければと思います。

夏休みも終わってお金も使っちゃったし、年内に投資できる体質に変えませんか?

2017.06.20

家族

あなたにとって家族ってどうゆうものですか?

いきなり抽象的ですかね。

家族ってスゴイ確率で出来上がっているって知ってはりますか?

スゴイ確率・・・

詳しいことはわかりません(どっちやねん、という突っ込みを受けるかも)。

まずは見知らぬ男女が出会い、恋愛を経て結婚・・・ここまででかなりの高確率!

そして、その二人に子どもが誕生・・・これもかなりの高確率!

そしてさらに、その子ども達が見知らぬ人と出会って・・・ね、すごいでしょ!!

こんな高確率で家族って出来ているんですよ。

そんな家族・・・

一言で「親子」と言っても2パターンあります。

自分を中心に考えると

〇自分と自分の子ども

〇自分と自分の親

そしてどちらのパターンにも「格差社会」が滲んでいます。

たとえば「自分と自分の子ども」

毎日習い事に行かせ、子どもがやりたいことを全てやらしてあげられる親(実際に知り合いです)、

一方で、授業でいる三角定規を買ってあげられない親(テレビで見たので、誇張されているかもしれませんが)・・・

どちらも現実です。

また「自分と自分の親」

介護が必要になったという時、施設に待たずに入れる人と順番待ちで施設に入れない人・・・この差は一括でお金が支払えるかどうかです。

これも知り合いの話で現実です。

この現状、あなたはどう思いますか?

生々しい話ですがお金のことって誰しも悩んでいます。

そして誰にも相談できません。

そして不安ばかりをつのらせ、苦しくなります。

楽しく相談できてちょっと賢くなれる勉強会いろいろとやっています。

直近では、7月15日(土)に夏休み直前企画で、親と子勉強会を開催です。

くわしくは ↓

http://dream-get.com/seminar/2017/seminar35.html

他にも数人集めてもらえれば、日本中、どこへでも参上します!

お問い合わせ、待ってます。

2017.06.11

FPmamaFriendsの凄さ

FPmamaFriends ↓

http://www.fpmama.com/

この団体の凄さ・・・ご存知ですか?

金銭教育というのが叫ばれだしたのは最近のことではないでしょうか?

それ以前から活動されているFPmamaFriendsの代表の時子さん。

彼女、そしこの団体との出会いが当社に大きく影響を与えているのは言うまでもありません。

私の友人もママになっているものも多く、会うたびに色んな愚痴?思い?を聞かされます。

そして、やはり私がこうゆう仕事をしているのもあって、「お金」「おこづかい」「貯金」といった話を聞かされます。

大人も知らないお金にまつわるお得情報、お金に興味を持ちだした子どもにどう伝えるのか?それはなかなか至難の業です。

そこをしっかり教育としてとらえ、金銭教育を義務教育の教科に入れて欲しいという思いをもち、子どもに金銭教育をしているのがFPmamaFriendsなのです。

いまの世の中、大人は金銭教育なんて受けていないので、「クレジットカード地獄」「自己破産」「詐欺」といった事件があるのは事実です。

つまり根幹に「お金と上手く付き合えない」というのがあります。

それな年齢に問わずです。

高齢者による自己破産という現実もあるぐらいです。

当社がこの団体にお世話になり、いろいろなことを教えていただき、当社も一緒になり金銭教育を広めたい、という思いにかられ、ご無理を言って非力ながら協力しております。

そんな団体の力を借り、少しずつ親子セミナーをさせていただいております。

7月の夏休み直前企画も決まりました。

親子3代セミナー(午前と午後に分けて)

午前:おこづかいセミナー

午後:お金のお片づけ(終活)

7月の夏休み中の親子セミナーもあります。

https://www.jafp.or.jp/shibu/kyoto/seikatsu/seminar/detail/kyoto/17

(もう定員に達しているかもしれません。そのときはご了承ください。)

金銭教育・・・今の世の中、そしてこれからの世の中、必ず必要になってくると思います。

あ、8月・・・

大人の金銭教育講座(投資を始めよう!)をやりますので、お楽しみに。

(まだ何も決まっていません、昨日開催しようと決めたところです)。

2017.06.06

「貯蓄から投資へ」の真の意味をご存知ですか?

数年前からテレビや雑誌でよく見かける言葉・・・

「貯蓄から投資へ」

この言葉、今後予想される少子高齢化により老後に受け取れる年金額が少なることを考え、国が、

自分で老後のお金を作りましょうという呼びかけが始まりです。

「自分年金」

この言葉もよく聞きますよね?

例えばサラリーマンの場合、退職するまでは「給料」という形で、毎月決まった金額が収入となります。

退職後・・・

「年金」という形で、国側から支給されます(原則65歳からです)。

その金額はと言えば、給料としてもらっていた金額から比べると、ほとんどの方が減額となります。

人によっては、半分以下になることも。

そうなると生活が苦しくなることは明らかですね。

それでいて今後は働ける現役世代の減少等による財源不足で、受給年齢があがったり受給額が減ったりのk可能性も否定できず、ますます老後の不安が高まります。

それなので、国が貯蓄しているのではなく自分で自分の老後のお金を投資によって増やしなさいよ、と言っているんです。

「貯蓄から投資へ」

ただし、多くの方がその意味を取り違えています。

この言葉を聞いて多くの方が取った行動は、今までの貯蓄額を取り崩して投資信託や株を購入、という行動です。

つまり資産の構成を変更したに過ぎないのです。

これで老後不安はなくなりますか?

「貯蓄から投資へ」の真の意味を知りたい方はご連絡下さい。

お茶でも飲みながら、ゆっくりお話させていただきます。

2017.06.02

終活は何歳から始めるものですか?

昨日、テレビを見ていると、芸能人の方が、

「最近一番疲れたことは?」という質問に対して、

「終活」と答えられていました。

その方は50歳だそうで、周りの出演者の方からは、「早すぎ!」なんて声もでてました。

みなさんもそう思われていますよね?

実際、相談に来られる方の多くは、60歳以上の方がほとんどですから。

でも、ちょっと待ってください!

いつ亡くなるかって、いま言えますか?

明日かもしれないし50年後かもしれないし・・・。

さきほど書いた番組の中で、その芸能人の方は、40歳代で終活は完結したかった、とおっしゃっていました。

たしかに50歳代以降になると「何時」が恐くなるんでしょう。

ところがほとんど多くの方は、40歳代50歳代と言えば、自分のことや家族のこと(子どものこと)に気をとられ、自分自身の「万一」若しくは大切な人の「万一」ということは、普段の生活から抜け落ちています。

そして、その「万一」は自分自身には関係がないと思っています。

しかし!

経験者の声を聞くと、本当に大変です。

小さな子どもを抱えた専業主婦、昭和男子と結婚していて田舎の風習など全く知らなかった奥さん、家のことを全部奥さんに任せていたので子どもの学校のことを一切知らなかったご主人など、

40歳代50歳代にも万一がやってくること、知って欲しいです。

長くなりましたが、結論は簡単です。

終活は今から始めるのが正解です。

年齢は関係ありません。

2017.05.29

お金持ちじゃないから関係ない

ファイナンシャルプランナーとか資産形成とか投資と言う話をすると、

昔からの友人であっても、

「お金ないもん」

「知識ないもん」

「暇ないもん」

とよく言ってきます。

「でも・・・興味はあるねん!」

とも言ってきます。

「お金ないもん」に対する返答は・・・

「お金がないのであれば今からコツコツ貯めておかないと」

「知識無いもん」に対する返答は・・・

「一緒に勉強しようや」

「暇ないもん」に対する答えは・・・

「カフェでスイーツ食べながらとかお酒飲みながらとかでも勉強はできるんやで」

と、こんな感じです。

同年代の女性の素朴な意見を聞きつつ、考えました。

そして、やろうと!

とってもゆるい「お金の増やし方」をお伝えしていこうと!

伝え方は、本当に自由気ままです。

●小さな子どもがいるから自宅で聞きたい→OK

●ママ友達のカフェでの集まり時に聞きたい→OK

●自宅で友人と集まる時に聞きたい→OK

●仕事終わりにご飯を食べながら聞きたい→OK

●投資のこと、ただ興味がある→OK

●お金増やしたい→OK

など

どんな状況でもどんな方でも問題ありません。

「お金持ちじゃないから関係ない」と思っていたみなさん、

ファイナンシャルプランナーや資産形成や投資は、そんなみなさんに必要なんです。

まずは、ちょっとの勇気をだして、「夢のかけはし」までご連絡を!

2017.05.28

夢実現へのレール、ひいてみませんか?

『夢』

大人になって『夢』って考えたことありますか?

私には『夢』があります。

それは・・・

「みんなが、にこやかに集まれる場所(空間)」を作ること!

いつから言ってるんでしょう・・・

5年前?3年前?

このままでは本当に『夢』に終わってしまいます。

夢を実現するためには、まずはゴールを決めることが大切だとよく言われます。

つまり実現の日を決めることです。

その日を決める決断力、あなたにありますか?

正直、私にはこの決断力があるとは言えません。

昔から人の意見に「OK」というのが日常でした。

自分の意見は言わず、人の意見に賛成をする、とっても楽な位置で、生活ができていました。

そんな私が今、こうやって好きなことをさせてもらっているのは、私を支えてくれる人達がいてくれるからだと思っています。

その人達は私に無いものを持っています。

・向上心

・負けん気

・決断力

・集中力

私はその人達に刺激をもらいます。

私自身、かの有名な歌にある「3歩進んで2歩下がる」という状況なのかもしれません。

しかしながら、夢実現へのレールを間違っているとは思っていません。

なぜならその人達が、側にいてくれているから・・・。

つまり、自分の夢実現へのレールを引いていれば、ぶれることはありません。

ぶれるというのは、信念がないからなのだと、最近よく思います。

自分の夢は信念のもとに成り立っていて、その信念こそ、私を奮い立たせてくれるものでもあります。

誰しも、夢実現への道は過酷で辛いことも多く逃げ出したくなることも多々あります。

そんなときに、本音を語れる人を見つけませんか?

本音で語れて本音で返してくれる、そんな人との出会いが夢実現への一番の近道だと思います。

私自身、夢実現へのレールを引いたばっかりですが、ここからスタートです。

小さなことからコツコツと・・・。

あなたもコツコツ一緒に夢を語りつつ始めてみませんか?

自分の夢実現のレールを引くこと!

いつでも気軽に話をしに来てください。

または、いつでも呼んでください・・・私を。

一緒に夢を実現させましょう!!

1人でも友達を誘ってでもいいですよ。

お宅にも伺いますし、お近くの行きたかったカフェでも問題なく伺うので安心してご連絡下さい。

夢を語ろう会・・・開催しましょ!!

2017.05.26

資産形成って?

『資産形成』

いま、よく言われている言葉。

少し前までは『資産運用』だったでしょうか?

形成?運用?

なんなの?

ここ最近十年ぐらいでしょうか?

貯蓄から資産運用へ、なんて叫ばれ、よくわかっていない人をターゲットに金融資産が売られ、元本が割れることもあまり意識されず、気が付けば元本が半分に!なんてことも。

これ、まさに私です。

当時、銀行の方が勧められる商品をよくわからないまま購入した私。

ほっておけば増えるんだ!なんて思って、ほっていました。

もちろん、時折届く報告書を見てはいましたよ。

その頃から少しずつファイナンシャルプランナー(FP)の勉強をしていたため、なんとなく嫌な予感はしていました。

で、報告書を見ていた私はびっくり!

支払った金額が増えるのではなく半額に!!

さて、資産形成というのは、そもそも形成というぐらいですから、自分自身の資産を形作るんです。

???

まずは自分自身がどんな種類の資産をどれだけ持っているのか?知っていますか。

●どんな種類・・・「普通預金」「定期預金」「定期積立」「株式」「債券」「投資信託」「不動産」など

●どれだけ・・・金額

さらには「国内」「国外(欧米・アジア・オセアニア・新興国など)」といった分類もあります。

次にバランスです。

普通預金ばっかりとか不動産ばっかりとか外貨建がゼロとか。

バランスよくもつことで、世界経済の動きに対応できるんです。

世界経済の動き?

難しいですかね?

でも「資産形成」をしっかりしていくには、世界で起きていることをしっかり勉強することも大切です。

資産形成をする・・・

つまり現状を把握したうえで、将来の安定した生活のため、お金に振り回される人生からサヨナラするために、どうしていくか、考えるということです。

難しければ、お節介でお世話好きなファイナンシャル・プランナーを使ってください。

2017.05.22

終活って死ぬ準備でしょ?

終活と聞いて何を連想されますか?

「死」「相続」「介護」「お墓」など

あまりプラスな想像というのはないですね。

先日実家に帰って親と話をしました。

親:終活って死に方やろ?

私:死に方って?

親:延命治療するかしないか。

私:それだけちゃうで。

私:そやな・・・。例えば自分が亡くなったとき、誰に知らして欲しい、とか。親戚はさすがに連絡するけど、年賀状とか出してる人で重要人物いるやろ?この人に知らせたら全員に拡散してくれる人。そういう人の連絡先を書いて残しておくんよ。そしたら、遺された人は、その人だけに連絡したら良いからわかりやすくて行動しやすいやろ?

親:おるな、重要人物!

私:じゃ、その人の名前と電話番号とできれば住所も一覧にしといて。なんなら親戚の一覧も作っておいてくれると助かるわ。あと、物置の整理とか・・・。

親:あ~、困ってるんは写真やな。場所も取ってるわ。

私:たしかにめっちゃあるやろな。まずは人別に整理するところからやな。

とまあ、こんな感じで実家に戻るたびに親に終活を指導しております。

みなさんはどうですか?

終活って?

世間でよく言われるから何となくイメージはあるものの、具体的に何をしたら良いのかって、わからないですよね?

そんな人のために、今週の金曜日、大阪でセミナーします。

【生前整理の必要性と今からできるお金の整理術】

<日時>5月26日(金)18:00~20:00

<場所>大阪市 総合生涯活動センター

●生前整理って聞いたことありますか?

●終活って聞いたことありますか?

生前整理や終活といった言葉が、テレビや新聞や雑誌などでも取り上げられる時代。

これらって「将来に不安がある」ということの表れ。

将来の不安って、健康とお金のことが主なもの。

でも本当にそれだけ?

今回のセミナーは2部構成。

1部は、生前整理の必要性について、生前整理アドバイザーの濱脇晶枝さんにお話しいただきます。

2部は、今からできるお金の整理術について、ファイナンシャルプランナーの私がお話しさせていただきます。

この日は5月のプレミアムフライデーの日なので、空いた時間を有意義に使いませんか?

35歳以上の方が対象でご参加お待ちしております。

参加費は3,500円です。

自分自身の将来もありますが、ご自身の親のことも気になりませんか?

詳細につきましては、お気軽にご連絡下さい。

chika※dream-get.com

(※を@に変更して、お問い合わせ下さい)

2017.05.19

墓じまい

昨日たまたまつけたテレビに映っていたのが、「終活」をテーマにした話題・・・

特に『墓じまい』の話題でした。

『墓じまい』って知ってはります?

いまや社会問題になりつつある『墓じまい』。

要約すると、今ある先祖代々のお墓、親類が遠方だったり、お墓を見守れるのは私だけで後継者がいない、という時に、今あるお墓を片づけ(処分)しましょう、というものです。

社会問題?

大げさじゃない?

そんなことないですよ。

まずはお墓のある場所はいわゆる田舎で、交通の便も悪く、年に1回も行けない、ということも。

また、生涯独身という人が増えているので、次にお墓を引き継ぐ人がいない。

さらには、たとえ夫婦であっても一緒のお墓に入りたくない、といった事例も。

『墓じまい』・・・これは今の60代70代の人だけの問題ではないですよ!

30代40代のあなたも直面しますよ!

何が?

いまは自分の親がお墓を管理していますが、親に万一のことが起これば、すべてあなたに関わってきます。

まだ先ですよ!

そんなことありません。

万一、というのは本当にいつ起こるかもわかりません。

親の意向、ご存知ですか?

親がお墓に限らず、お仏壇や介護や、しいては財産相続まで、どのような考えを持っているかご存知ですか?

万一のことが起こってからでは、親の真意を知ることはできません。

いまからそんな準備しませんか?

そんなきっかけ作りに役立ててください。

来週金曜日、プレミアムフライデーに終活のセミナーを行います。

http://dream-get.com/seminar/

エンディングノートの作成についてもお話しさせていただきます。

ご参加、お待ちしております。

2017.05.16

楽しく学んで賢く貯める

勉強好きですか?

子どものころ、すすんで自分から机に向かっていましたか?

友人のママ達に聞くと、

「うちの子ども、勉強せえへんわ」

「ほんま、宿題させるのに四苦八苦するわ」

など

私は友人に言います!

「え、中学の時、勉強してた?(笑)」

「宿題、やってなかったやん!ノート貸したし(笑)」

そうですよね、勉強って何ですすんでやらないか知ってますか?

答え・・・

「興味がないから」

「必要でないから」

では、興味がもてて、必要であると感じられれば、勉強ってするんですよ!

たとえば・・・

受験生にとって、興味はないけど必要だから勉強するんです。

資格取得のための勉強は、まずは興味が先行して、その後に必要がやってくる場合も・・・だから勉強できるんです。

じゃ、お金の勉強は?

「お金を増やす・お金を貯める」・・・興味ありますよね?

「将来なんとなく不安だしなぁ、お金足りるの?」・・・ちゃんとした知識、必要ですよね?

そう思ったら、行動あるのみ!

机に向かって堅苦しく勉強するのって、嫌ですよね?

自分の都合の良い時間に、自宅やカフェで、楽しくお金のこと学びませんか?

ひとりでも数人でも数十人でも、「ここに来て!」というなら、日本中、いや世界中、行きます!

(世界中に呼ばれることなんて、ありえないですが(笑))

小さな子供からおじいちゃんおばあちゃんまで、

各世代に沿った必要なお金の知識を学んでみませんか?

お誘い、待ってます(#^^#)

2017.05.15

投資

投資と聞いて何を思い浮かべますか?

●株

●投資信託

●不動産

●金

●FX

など

今というより数年前から、「預貯金から投資へ」といった動きを後押しする報道や雑誌が多いですよね。

みなさんは、何か「投資」をされていますか?

「投資」と言えば・・・

昔は日々パソコンの前に座り、上がった下がったで左右される「デイトレーダー」のイメージがありました。

ところが現代は、そんなことを考えている人は稀です。

「投資」とは・・・

「長期分散投資」が当たり前のように叫ばれ、「デイトレーダー」とは全く異なるものに落ち着いています。

「長期分散投資」とは・・・

投資の利点を説明した言葉ですね。

「長期」・・・

投資は、投資にかける時間(期間)が長いほど、リスクのブレを修正できますよ、というもの。

「分散」・・・

投資は、種類(株・債券・金・不動産等)と国や地域(国内・国外またはアジア・オセアニア・アメリカ・ヨーロッパ等)を分けて持ちましょう、そうすることで、国際経済の動きに対応しましょう、というもの。

よく分からないですかね?

難しいですよね?

でも、「投資」ってお金が増えることだから、興味ありますよね?

興味はあるけど、何から始めたらいいか、わかんないですよね?

恐いですかね?

でも、お金増やしたいですよね?

投資の基本の勉強始めませんか?

そして、自分の夢ややりたい事、始めませんか?

2017.05.08

最近の若いもんは・・・。

サラリーマン時代、上司とお酒を飲みに行くと、誰からともなく出てくる言葉、

「最近の若いもんは・・・」

今もそんな会話が繰り広げられているのでしょうか?

私が思う最近の若いもんは・・・

『将来のこと、しっかり考えてます!』

相談に来られる方の年齢層は、幅広いです。

20歳代~60歳代まで。

その中でも、20歳代で相談に来られる方の多くは、「これから結婚します!」「最近結婚しました!」ということで、おふたりで相談に来られます。

ふたりで将来のことを考え、自宅のこと・子どものこと・老後のこと・自分達の夢を楽しそうに語られます。

その語りの後、これらを達成するために、アドバイスを下さいと。

どうですか?

最近の若いもんはしっかりしていると思いませんか?

正直言って、自分が20歳代のころ、こんな風に将来を考えていませんでした。

『なんとなく、なるだろうと・・・』

40歳代~50歳代の多くの方は、そうじゃないですか?

私と一緒にしないで、という声も聞こえてきますが。

将来の不安は誰しもが持っています。

年齢層に限らず。

その不安の解消方法は、まずは不安の原因を見つけ、その不安の解消のために今からできることの対策を練り、それに沿って行動し、その結果を受けて、また見直す、ということです。

つまり、一定期間ごとに定期チェックを行うのです。

つまり、

『夢実現のための定期診断』です。

そうです、健康診断と同じ、毎年チェックすることが大切です。

あなたも『夢実現のための定期診断』行いませんか?

2017.05.05

ブログ読者やLINE@会員募集中!

GWいかがお過ごしですか?

ブログの読者募集してますよ♪

※このホームページの一番下からブログページにいき、読者登録してください。

 プライベートなことも時々書いてます。

またLINE@会員も募集してます♪

※ちなみに「えふぴ~癒し庵」となっていますが、これは個人事業の時の屋号なので、間違いではありませんので、念のため。

友だち追加

2017.05.01

不労所得と言えば・・・。

みなさんは「不労所得」と聞いて何を想像されますか?

不労所得・・・

働かずしてお金が手に入ること、ってイメージですよね?

正直、憧れますよね?

不労所得を得るための手段って何を思い浮かべますか?

●不動産

●金融資産運用

が代表的です。

どちらもまずは資金が必要です。

なんて思っていませんか?

もちろん「不動産」については「ゼロ」となると借入の額が大きくなるので、少し敷居が高いですかね。

では「金融資産運用」はどうでしょう?

普段、積み立てをしている方って多いですよね?

銀行口座から自動的に毎月引き落として別に貯めていく、ってやつです。

これでももちろんお金の先取り貯蓄なので間違いではありません。

有効です。

でももう少し有効にしてみませんか?

積立よりもう少しだけ利息がつく可能性のあるものってあるんですよ。

「積立投信」というのも1つです。

ご興味があれば、お気軽にお問い合わせを!

2017.04.27

生涯で一番高いお買い物

みなさんは、今までの人生の中で、一番高いもの、何を購入されましたか?

●車

●自宅

●海外旅行

●結婚費用

●お葬式費用

●別荘

●子育て

さて、みなさんはどうですか?

よく言われるのは「家」です。

たしかに!正解です。

次は?

「子育て」。

家の購入と子育てに係る費用、世間で言われる通り、人生の三大費用のうちの二つ。

では、残りの一つは?

「老後」です。

「老後」・・・

まだ先のことって思ってませんか?

私は今年40歳になりました。

何歳まで生きるかなんてわかりませんが、普通に考えると、今まで生きてきた人生分40年は生きるのでしょう。

また、何歳まで現役で働けるかもわかりませんが、数十年は現役で働かずに、生活することになるのでしょう。

つまり働きを辞める時までに、働かない期間分のお金を残す必要があるのです。

インターネットや新聞や雑誌や本、よく言われているのが「1億円」という金額。

何を根拠に書いているんだろうと、良く思うのですが、この金額は必要ないとしても「その人に合った金額」を残す必要があるのは事実です。

残すのか、それともお金を増やし続けるのか?

???

ちょっと意味不明になりましたか?

結論・・・。

今から老後のためにお金を貯めるか、老後時期もお金を増やし続けるのか?

お金を増やし続けるには、どうするのか?

そんなことできるのか?

自分自身が働けなくなってもお金が入ってくる方法・・・

それは「資産を運用すること」。

長生きリスクが叫ばれるご時世、

何歳まで生きるかわからない老後生活・・・実は生涯で最も高いお買い物なのかもしれません。

ご自身に必要な老後資金、調べてみたくなったら、気軽にお問い合わせ下さい。

診断させていただきますよ。

2017.04.25

社会人の第一歩

今年度から働かれたみなさん、

今日が「初任給」という方も多いでしょう。

初任給・・・

何年前でしょう(笑)

まずは、会社から頂く「給料明細」。

アルバイト経験のある方は、見たこともあるでしょうが、その時とは書いてある内容が少々複雑ですかね。

まずは、「支給額」と「差引支給額」の違いにビックリ!

こんなに給料って差し引かれるものがあるんですよ!

ちなみに差し引かれているもの・・・主に。

●健康保険料(①)

●厚生年金保険料(②)

●雇用保険料(③)

これって何?

(①)病院等に行くときに持っていく保険証・・・この健康保険料を支払ってないともらえませんよ。もちろん、他にも色々とありますが。

(②)この保険料を支払うことで、老後にもらえる年金が確保できるので必要ですよ。

(③)代表的なのは残念ながら諸事情により会社を辞めたときに、次の就職までに一定の収入を確保できます。これも他にもいろいろあります。

こんな単純な内容ではないですが、「ただ差し引かれている!腹立つ!」と思うのと、

「ま、こんな風に使われているのか」、とふて腐れながら腹立つのとでは、ちょっと違いますかね。

サラリーマン時代は、理由がわかってても、腹立ててましたけど。

さて、初任給、何に使いますか?

記憶は薄いですが、私はちゃんと親に感謝を表しましたよ。

もちろん、それも大事ですが、今後のこともあるので、お給料の使い方を考えてみてください。

「生活費・貯金・投資」

このバランスを最初から癖づけることが、社会人としての大切な一歩だと考えます。

2017.04.24

仕事復帰したいけど・・・。

『仕事復帰』

一旦、仕事から離れてもう一度仕事をするぞ!と決めた時、何がひっかかりますか?

一旦、仕事から離れていた理由にもよります。

例えば・・・

前職が合わず退職し、その後に仕事を探していて見つかった!という場合。

●どんな人が働いているんだろ?

●自分の能力に合っているんだろうか?

●前もって勉強しておいた方が良いのかな?

●服って何を着ていったらいいのかな?

など、色々な不安が先行しますが、前職の反省もあり再就職となる場合は、反省材料を再就職の日までに克服するための準備をすれば、少しの不安は消えるかもしれません。

実際、私は残念ながら数回、転職を繰り返しましたが、毎回上記のような不安がありました。

面接のときに「できます!」と言い切って自分を追い込んで、初出勤までに勉強しておく、といったことをしていました。

では・・・

女性の場合、結婚や子育てで、再就職までに数年の期間が空く方もいらっしゃるでしょう。

そのような方の不安は?

●今の業界の情報がない

●以前のように働けるか?

●家事・子育てと両立できるのか?

●そもそも働くことが久しぶりすぎて、ビジネスマナーは大丈夫か?

●働いたこともない業種に就職するけど、そもそも私にできる仕事なのか?

など

私の周りの知人も、このような不安をこぼしつつ再就職しています。

働き出した早々に「もう無理!」と連絡をくれる知人も。

学生を卒業し就職した時と大きく状況が異なるのが「再就職」。

新入社員は言い方はおかしいかもしれませんが、社会という知識は真っ白なので、まだ染まれます。

ただし再就職となると、社会の知識はある程度入っているので、染まりにくいです。

ということは、その分、職場で浮いてしまうことも。

最低限、やはり再就職するのであれば、その仕事の勉強は必要です。

まったく無知で就職した先で教えてもらえる、なんてことは皆無に近いので。

まれに教えて育ててくれる会社もありますが。

仕事に復帰するって、大変なことですよね。

でもいま、多くの女性は元気に活躍しています。

働く女性って実際、楽しんでおられます。

そんなん無理!という声もあるでしょう。

そんな方は、まず外に出てみませんか?

ちょっと外に出るだけで、なんとなく楽しい気持ちになりますよ。

とりとめない文章でしたが、

ちょっと外の世界を見てみたいけど、何からしたらいいの?

再就職したいけど、どんな勉強をしたらいいの?

(実際に、お金のご相談をお受けし、「働かないと!」ということで簿記の指導をさせてもらったり、ファイナンシャルプランナーの資格の指導をさせてもらったりもしています。)

ビジネスマナーって?

パソコンわかりません。

など

まずは「はじめの第一歩」が大切です。

一緒に楽しみながら外に出る準備、しませんか?

2017.04.23

ずぼらさん必見!家計簿管理術

あなたは「ずぼら」ですか?

なんて失礼な質問!

そうですね。

私は・・・正直「ずぼら」です。

ところが、「税理士事務所で働いていました!」とか「ファイナンシャルプランナーで独立して会社を立ち上げました!」なんて言うと、「しっかりされてるんですね」といった声が大半です。

ファイナンシャルプランナーは家計簿をつけている!というのが通常の考えのようで、よく質問されます。

「どうやったら家計簿を続けられますか?」

私の回答・・・

「私はずぼらで面倒くさがりなんで、家計簿は・・・。」

「面倒くさいですよね?」

と逆に質問してしまいます。

つまり、大切なのは、

『家計簿に何を求めるか』ということにつきます。

家計簿をつけて、どうしたいのか?

●無駄使いをなくしたい

●貯金ができるようになりたい

●何にどれだけ使っているのか知りたい

など

これらの目的によって家計簿のつけ方は異なります。

つまり、必要な家計簿の形(道具)も異なります。

あなたに合った家計簿と出会いませんか?

あなたに合った家計簿管理術教えます。

まずは気軽にお問い合わせ下さい。

2017.04.20

エンディングノートって必要なの?

想像したことありますか?

いま、あなたの大切な人が亡くなるということを。

とてもショッキングな話かもしれませんが、実際にあるのです。

想像したことありますか?

いま、あなた自身が亡くなるということを。

これもまたショッキングな話ですが、無いとは言えません。

もし今、大切な人に万一のことが起こったら、あなた自身に万一のことが起こったら、誰に連絡を取って欲しいですか?

または知らせて欲しくない、という人もおられるでしょう。

連絡して欲しい連絡先を家族で共有できてますか?

例えば、個人事業主さんや中小企業の社長さん、

ご自身に何かあったとき、仕事のことを何も知らないご家族が誰に連絡を取って、誰と一緒に仕事のことを片づけてもらうか、考えたことありますか?

仕事のことを一切知らない家族は、取引先から色々詰め寄られてもわかりません。

そんなとき、事前に家族に自分に万一のことがあったらこの人を頼りなさい、と言えてますか?

それなので、経営者さんには特に言いたい!

エンディングノート書いてください!

まだ年齢が若いからそんなことないよ!なんて決めつけていませんか?

「亡くなる」ということに対して、年齢は関係ありません。

いつなんどき、襲ってくるかなんて誰もわかりません。

特に形式にこだわることはありません。

市販のものでもお手製でも何でもいいのです。

遺された家族が、それを見て動ければ。

そして、

遺されたものが、家族の一員だったあなたのことを忘れないように、悲しまないように、前へ進めるように書くのが、エンディングノートなんです。

何度も言いますが、年齢は関係ありません。

家族への連絡帳であるエンディングノート、一緒に作成のお手伝いもしていますので、気になる方はお気軽にお問い合わせください。

またエンディングノートをテーマにしたセミナーをさせていただきます。

詳しくは、当ホームページのセミナー情報をご覧ください。

http://dream-get.com/seminar/

2017.04.18

いろんなことで悩んでます

以前にお越しになった相談者さんのお悩み。

「お金のこと悩んでるんですが、あれもこれもあって・・・」

「家計も、保険も、資産運用も、住宅ローンも、老後も、相続も・・・」

「他のファイナンシャルプランナーさんは『××専門』と書かれていて、それだけじゃないんです」

「専門と書かれると他のことは相談したら駄目ですよね?」

そうですよね、ごもっともだと思います。

お金の悩みって1つじゃないですよね?

例えば、

弁護士さん→もめごと助けてください

税理士さん→税金のこと、わからないので教えてください

司法書士さん→登記お願いします

など

『○○士』さんは、専門家さんです。

法律で、「あなたの仕事内容はこれです!」と決められています。

それなので、弁護士さんが税金計算できません。

はたまた、税理士さんが登記はできません。

なぜか?

たいそう難しい試験を突破され、その専門家として国が保障しているんです。

では「ファイナンシャルプランナー」は?

何かの専門家ではありません。

残念ながら国に「あなたの仕事はこれですよ!」と決められていることもありません。

それなので、国が保障した仕事は『○○士』さんしかできません。

つまり、ファイナンシャルプランナーは『○○士』さんの仕事はできないですし、すると罰を受けます。

じゃ、ファイナンシャルプランナーに相談しても意味ないじゃない!なんて大抵の人は思います。

でもそれは悩みの種類をしっかり、ご自身で区分できている人ができることなんです。

つまり、「登記したいから司法書士を探そう」「事業が拡大してきて税金計算も複雑になってきたから、税理士さんに相談したい」といった具合です。

先ほどの方、

●悩みがいっぱい誰に相談したらいいのか、わからない!

●『○○士』さんは敷居が高いし、怖い

そうなんです。

ファイナンシャルプランナーは、いろんな悩みの種類を明確に区分し、次に取るべき行動を教えてくれる人なんです。

よく言われる「お金の悩み」ですが、相談に来られた方の中には、話をお聞きしているうちに、ご本人はお金の悩みだと思われていましたが、実は、ご夫婦の会話が少なくお互いが勝手な思い込みから「お金がない」と思われ、助けてください!といった内容だったことも。

これはお金の悩みではなく夫婦の問題ですよね。

現状の悩みが何からでてきているのかを分析し、それをお伝えし、次の行動を指南する、それがファイナンシャルプランナーだと思っています。

相談を終えて帰られる時に、「やってみます」の言葉とスッキリされた笑顔をもらうのが、一番です!

長々と書きましたが、

個人である「えふぴ~癒し庵」から法人の「夢のかけはし」に生まれ変わったのも、

『「やってみます」の言葉とスッキリされた笑顔』をもっとたくさんの人からもらいたい、気持ちからです。

ある意味、私のためです。

いろんなことで悩んで頭の中がゴチャゴチャされてる方、

まずはおしゃべりしに来てください!

待ってます。

2017.02.28

ホームページ開設しました

初めまして、「夢のかけはし株式会社」の秋口です。

いままで京都市右京区西京極で「えふぴ~癒し庵」という個人で活動していましたが、

このたび、法人を設立し、パワーアップして活動させていただくこととなりました。

宜しくお願い申し上げます。

さて、「えふぴ~癒し庵」の時からご縁をいただいていた方には、

常々、「金融機関に属さないファイナンシャルプランナー」なんて言っておりましたが、

このたび金融機関とつながることとなりました。

「やっぱりか~」という声が聞こえてきそうですが、その理由は、ただ一つ!

この法人の設立の理念でもある「笑顔あふれる生活を生涯送りましょう」を達成してもらうためには、

「老後資金の確保」が必須だからです。

今後、老後資金の確保というのは、自助努力で達成しないといけない時代がさらに進むと思われ、

今までのように、「何とかなるさ!」ではダメな時代になりつつあります。

それなので、そのお手伝いをさせてください。

しっかりあなたのお金と正面から向き合い、あなたが生涯お金と上手に付き合えるように、あなたのお側で、あなたにピッタリな提案をさせていただきます。

原因が何かわからない将来の漠然とした不安をお持ちの方から具体的に不安をお持ちの方まで、

いつでもどこへでも伺います。

お気軽にお問い合わせください。


PAGE
TOP