2020年の耳寄り情報一覧

2020.04.06

新入社員を迎え入れられる経営者さまへ

新入社員を迎えられる経営者様にお願いです。

今月末には誰しもが経験したことがあり、なんとなく大人になった気分になる

「初任給」を渡されると思います。

そのときに間違っても間違った知識を新入社員の方にインプットしないでください。

それは「社会保険料」のことです。

給料明細を見ると、初任給21万円だと聞いていたのに、振込額17万円ぐらいしか入っていない、

と新入社員の方から言われるかもしれません。

そのときに、

「あ、それね、それはもらえない年金のためだったり、

医者にも行かないのに、その時のための保険だったり、税金だったりで、

いっぱい国から取られるんだ」と。

経営者の方だけではありません。

先輩の従業員の方もこんな風なこと、口にしていませんか。

「もらえない年金のため」

この表現、よく聞きます。

社会保険料とは、「保険」です。

「保険」とは、万一のための掛金です。

死亡保険や入院保険と同じです。

●万一、病気やけがをしたときのため→「健康保険料」

●万一、障害になったり、大黒柱が亡くなったり、年を取って働けなくなったりしたときのため

→「厚生年金保険料」

●万一、仕事を失ったときのため→「雇用保険料」

決して「もらえない年金のため」ではありません。

日本では、どうしても社会保険料への間違った知識がインプットされがちです。

最初が肝心です。

ご協力お願い致します。

そんなこと上手に説明できないよ、という経営者さん、当社に連絡ください。

訪問はもちろん、この時期なのでオンライン上で、しっかり勉強会をさせていただきます。

お問い合わせ、お待ちしております。

http://dream-get.com/contact.html

2020.03.30

初めての相続

今年に入り私の親族も含め、人が亡くなることに直面しています。

そして昨今のコロナウィルの影響もあり「命」というものを考える機会が増えています。

先日、知人の親が亡くなり、初めての相続を体験した知人の所に、不動産の名義変更のため、

司法書士さんと一緒に訪問しました。

不動産の名義変更といっても、必要書類が沢山あります。

初めての相続に遭遇すると、親がどこに片づけていたのかもわかりません。

知人も色々調べてくれて、「これかな」という書類を用意して待っていてくれました。

ところが!

司法書士さんが確認したところ、それらは全て以前の住宅の書類で、今住んでいる住宅の書類がない、

となりました。

そこで、再度、家の中を詮索。

しばらく時間が経ち、ようやく、見つかるという流れでした。

このように、相続が起こると不動産の名義変更をはじめ、おおくの名義変更を余儀なくされます。

●預貯金

●金融資産

●水道

●電気

●ガス

など

その都度、多くの書類を求められ、遺された家族が大変になります。

だから!

親は子や遺される家族のため、必要書類はまとめて管理しておき、

自分に万一のことがあれば、これが私の財産のすべてだ!と言えるようにしておくべきなのです。

死ぬ準備をさせるのか!と言われる方もいらっしゃるかもしれませんが、違います。

きっちり整理しておくことは当たり前なんです。

なぜなら大切なご自身の財産なのですから。

ご自身の財産の整理、できていますか。

2020.03.23

初めての1人暮らしとお金の管理

もう3月も終わろうとしています。

4月から新生活で1人暮らしを始められる方も多いでしょう。

先日、一足先に1人暮らしを始められた方からお金の管理について、相談を受けました。

『どうやってお金を管理すれば良いですか』

『使い過ぎているのかこのままで良いのかわかりません』

『家計簿は過去にチャレンジしたことがあるけど無理でした』

など

初めての1人暮らしは、楽しさも嬉しさも不安も一緒にやって来るものだと思います。

そして何よりも「お金の管理」が不安になると思います。

1人暮らしに限らず生活をしていく中で「お金の管理」は大切です。

「お金の管理=家計簿」と考えがちですが、そんなことありません。

他に色々な管理方法があります。

それはその人の性格に合わせた管理方法をすることが長続きできて、しっかり管理できます。

春からお金の管理をしっかりして、新生活を満喫しましょう。

2020.03.16

日経平均株価に動揺されている皆さんへ

こんにちは。

毎日テレビを見ると、コロナウィルスの話が飛び込んできます。

街中をぶらぶらしていても、ほとんどの方がマスクをしていて、

なんだか異様な光景のようにも感じます。

しかしながら、やはり目に見えないウィルスのことは、恐いですね。

自分ができる限りの防護(手洗いうがい)を意識して、生活したいものです。

さて、コロナウィルスの影響により、世界中が大混乱におちいっています。

経済もその大混乱の中にいます。

投資をされている方は、少々気になりますよね。

少々どころではない!!という声も聞こえてきそうです。

私がファイナンシャルプランナーの勉強を始める前に「リーマンショック」がありました。

その当時サラリーマンだった私は、銀行に言われるがままに投資信託を購入し、

投資をしている気分でした。

「将来、このお金がどんなふうに増えるんだろう」なんて呑気に考えていました。

ところが2008年9月、リーマンブラザーズの経営破綻に端を発したリーマンショックにより、

私が投資をしていた投資信託の元本価値が半分に!!

どこが底かもわからないし、ファイナンシャルプランナーの勉強を始める前の私は投資に関する

知識は一切なかったので、私の投資信託が0円になるという恐怖心だけが先行し、売却してしまいました。

元本価値が半分になっても、手元にお金が残ったことにホッとはしたものの、投資が恐くなり、

一生投資はしないと決めたのでした。

ところが、もし、あの当時の私に会えてアドバイスできるなら、売るんじゃないよ!です。

たらればの話ですが、持っていれば元本価値は倍にはなっていました。

つまり、知識の欠如と金融機関がしっかりしたアドバイスをくれていれば、

売る必要のなかった商品だったのです。

いま、刻々と日経平均株価の動向にやきもきされている方も多いとは思いますが、

私のようにならないように、しっかりご自身の商品がどのようなものなのかを再確認し、

この状況をいかに乗り切るかを考えて下さい。

ご自身の商品がどのようなものなのかが分からない人は、信頼できる人に必ず相談しましょう。

2020.03.13

終末期医療を考える

みなさんは、自分自身がどのような最期を迎えるか、考えたことありますか。

縁起でもない!と聞こえてきそうです。

でも、誰でも必ずやってきます、最期が。

最期の迎え方を考えることは、最期をどこで迎えるかも考える必要があります。

多くの方は、自宅で最期を迎えたいと考えます。

しかしながら、現実問題として、なかなか自宅で最期、というのは難しいです。

介護施設なのか、病院なのか。

そして、いよいよの時、延命治療をするのか、しないのか。

延命治療とは文字通り、命を延ばすための治療です。

「胃ろう」「点滴」など、医師から親族は選択を迫られます。

延命治療をしません、と回答すれば、つまりは死を意味します。

この選択はもちろん、本人にはできません。

遺される親族が選択をします。

多くは、子が親の命の選択をしないといけないのです。

子は辛いです。

親の命を預かることになるので。

そんなときに、親の「延命治療はしないでください」という文章が、どこかに残してあれば、

選択しやすくなりませんか。

親自身が望んでいない延命治療を断るのだ、と自分に言い聞かせられます。

責任を全て追わなくても良いのです。

少し救われた気分になります。

親は子にこのような思いをさせないで欲しいです。

親が元気なうちに、親がどうして欲しいのか、子は聞いておくべきです。

このやりとりをしておくだけで、いざという時の心のつかえが少しは楽になります。

これは親が祖母のときに体験したことを見ていたから思う強い思いです。

2020.02.25

セカンドライフの過ごし方

セカンドライフという言葉が定着しつつあります。

無理やり日本語訳をすれば「第二の人生」ということでしょうか。

日本は昔からサラリーマンは退職をすると第二の人生がスタートと言われたこともあり、

退職を機会に色々な生活スタイルを模索する傾向にあります。

色々な生活スタイルを模索するには、現状を把握する必要があります。

もちろん「お金」の現状です。

さらには「体」の現状です。

セカンドライフを送るにあたり不安なことの第1位は、「お金と健康」という答えが

大多数です。

これは当社に相談に来られたほとんどの方がおっしゃっていた当社調べによるものです。

先日お越しのご夫婦においても同じことをおっしゃっていました。

そのため、キャッシュフロー表を作成し、お金の不安は解消。

さらには趣味を満喫するため、その趣味にかけられるお金の金額も判明。

さらにさらに、エンディングノートの作成にもチャレンジされています。

子どもに残すものを考え、家族会議の必要性にも気づいてもらいました。

現状、エンディングノートの作成にはエネルギーが必要であることも認識され、

お側で力になれるよう、寄り添っております。

セカンドライフを迎えるにあたり、考えないといけないことは多数あり、

不安も多いとは思いますが、楽しいことももちろんあります。

今までできなかったことができるようになることもあるからです。

楽しいセカンドライフを迎えるために、まずは現状把握をしてみましょう。

わからないことがあれば、すぐに相談を!

http://dream-get.com/contact.html

2020.02.17

年が明けると色々とお金の整理をする人が多いです

今年も始まってから1か月半が過ぎ、

年始からありがたいことにご相談が増えております。

やはり日本人だからなのか、年始に色々と計画を立てて、動き出される方が多いのだと思います。

タイトルに「お金の整理」と書きましたが、あなたはお金の整理ができていますか。

まずは自分の「資産一覧表」を作りましょう。

この資産にはプラスもマイナスもあります。

<プラスの例>

・普通預金

・定期預金

・積立預金

・土地

・建物

・投資信託

・株式

・債券

・金

など

<マイナスの例>

・住宅ローン

・車ローン

・(定期的な)クレジットカードでの支払

など

当社ではこの一覧表を一緒に作成し、その後に「整理」を始めます。

この一覧表を作るだけでも意味があります。

詳しい整理方法を知りたい方は、お問い合わせください。

http://dream-get.com/contact.html

2020.02.06

記事掲載のご報告です

年に1回、国から届く「ねんきん定期便」から

将来にもらえる年金額を知る方法について、記事を掲載していただきました。

ご一読いただければ嬉しいです。

https://naruhodo-cardloan.com/money-knowledge/pension-regular/

2020.01.27

年金は保険です

『日本の年金制度は破綻するんですよね?』

『国民年金を掛けるより民間の保険に加入した方が得ですよね?』

『なんで給料からあんな高額の社会保険料、取られんですか?手取りが減って損です。』

『社会保険の保険料を支払った分、自分に還元されないですよね?大損だわ。』

年金のイメージは良くないです。

勉強会やちょっとした友人との集まりでも、年金への不平不満はとまりません。

年金(国民年金や厚生年金)については、どうしても『損得勘定』で判断しがちです。

たしかに人は誰でも、私も含めて、損得勘定で物事を判断します。

そして国の制度なので、得をして当然、と思いがちです。

ここで、間違えて欲しくないのは、年金は「保険」です。

保険というのは、損得勘定で考える代物ではありません。

「万が一のための保障」です。

たとえば、医療保険を想像してみてください。

万が一、手術や入院を余儀なくされた場合、一時金○○○○円や日額○○○○円、といった保障がでます。

この保障は、おそらく毎月保険会社に支払っている保険料から充てられます。

この一時金や日額をもらうとき、おそらく「保険に加入していて良かった」と思うことになります。

多くの方は、保険金がもらえると、同じコメントをされます。

これは損得勘定で考えているのでしょうか。

病気やケガの治療をする必要があるとき、やはり気になるのは費用であるお金です。

治療をすれば治るけれど、お金がないから治療ができない、なんてことがあっては、なりません。

そのための保障が保険です。

お金があることで治療に専念できます。

では、年金はどうでしょう。

損得勘定で考えていませんか。

正式名称は、「国民年金保険」「厚生年金保険」です。

つまり、保険です。

保険は万が一のための保障です、と先ほど書きました。

万が一とは、「年老いて現役時代のように働けない」「家計を支える大黒柱が亡くなった」

「障がいが残ってしまい、従前どおり働けない」であり、

それぞれが「老齢年金」「遺族年金」「障害年金」となるわけです。

民間である保険会社へは「医療保険」「生命保険」「がん保険」など、多くの保険料を支払って、

万一の保障を組み立てているのに、

国に対して支払う保険には、保険料と貰える金額が見合ってないから、支払わない、となるのでは

困ります。

万が一を保障している保険である年金のこと、もう少し考えてみませんか。

また、保険の見直しをされるときに、年金(社会保障)があることも忘れないでください。

保険会社だけで保障をまかなうのではありません。

まずは国からの保障額を知り、そのうえで不足である部分を補うのが民間の保険です。

国からの保障額は、ねんきん定期便で調べることができます。

考える順番を間違えないでください。

国⇒民間の順番です。

お間違いなく。

2020.01.15

お金が貯められない

先日のご相談者様からのお悩みです。

これから子どもにたくさんお金がかかるのはわかってはいるけれど、

まったく貯められません、とのこと。

出産が遅かったので、子どもの教育費と親の介護・相続とご自身達夫婦の老後の資金が

重なりそう、ということでした。

ライフプランを作るまでもなく、もちろん、上記3つが重なることは必然です。

今の時代、晩婚化や晩産化がすすみ、このような悩みを抱えていらっしゃる方が多いです。

そのうえ家計に無関心なご主人だと、妻がなんとかやってるから、これらのお金の最大の危機も

うちの妻ならなんとかやってくれる、と思いがちです。

なかには、共働きだと、奥さんに内緒で個人の預貯金を貯めておられる方もいます。

そのため、ご相談者様のように、女性が1人で悩みを抱えることが多いのです。

さらに、女性は悩み出すとイライラしがちで、ご主人にそのイライラをぶちまけます。

言葉は悪いですがヒステリックになりがちです。

ヒステリックになると、ただただ文句を言うだけで話し合いになることはありません。

私の提案はこうです。

ご主人に現状を伝えましょう。

相談者様がわかっている預貯金額を全て合計してください。

そのうえで、これからお子さんに必要な教育費の総額

(塾や習い事や入るかもしれない学校でのクラブ活動での費用)を合計してください。

そして、ご主人に預貯金額と教育費の差額分、現状足りないけど、あなたは持っていますか、

と確認してください、と伝えました。

持っているよ、という回答なら少し安心できます。

あとは親の介護や相続に関する費用や自分達の老後についてもお金が必要なことを

追加で話しておくことも大切です。

もし、持っていないという回答であるならば、夫婦で準備する必要があります。

ご主人がサラリーマンであれば、給料が増えることは考えず、奥様が働かなければばりません。

専業主婦であれば働くことを考え、パート勤務なら正社員も考える必要があります。

ご主人が個人事業主や会社の経営者なのであれば、もっとハッパを掛ける必要があります。

もちろん、ご主人はめいいっぱい働いておられることは当たり前なので、ハッパのかけ方には、

愛情をもってしてくださいよ、もめることになるので。

問題なのは、夫婦でお金の話をしないことです。

ライフプランが大きく動くとき(結婚・出産・子どもの進学・親の介護・親の相続・退職)は、

お金が大きく動くときです。

前もって夫婦でしっかりお金の話をして、お互いが安心して暮らせるようにしてください。

そのうえで、必要なお金の金額を夫婦で理解し、お金を貯める・増やすを検討していく必要があります。

いまの銀行等の金利では貯めることがはできても増やすことはできません。

増やす必要があるなら、人が動くかお金が動くかの2択です。

人に限界があるならお金に動いてもらうしか方法はありません。

資産運用の最大の見方は、時間だと思っています。

時間を有効に使うためにも、資産運用を始めるなら早期の決断が必要です。

お金を増やしたい人は、始めなきゃ損ですよ、資産運用を。

0からお教えします、資産運用を。

お問い合わせを待っています!

2020.01.07

2020年は「夢叶」が合言葉

ずいぶんと経ちましたが、

あけましておめでとうございます。

2020年もスタートしてはや1週間が経とうとしています。

あなたの2020年の目標は何ですか。

当社の今年の合言葉は「夢叶」です。

そうです、「夢を叶える」です。

夢と目標と異なります。

昔に本を読んだことがあります。

夢は最終的な願いであり、「こんな風になったらいいな」です。

目標は「夢を叶えるために公に宣言すること」です。

そして、その目標の実現のために「計画を立てる」んだそうです。

そしてそして、その計画の進捗を常にチェックすると、「こんな風になったらいいな」が、

現実のものとして叶うという流れです。

当社は今年もあなたの一番近くにいる「お金に関する相談相手」であり、

あなたの「夢叶」のパートナーです。

ひとりで悩んでいても始まりません!

一歩踏み出して、あなたの夢を語りにきませんか。

当社は今年もあなたを待っています。


PAGE
TOP